みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
お江戸の街
わたくし、先週またまた大好きな「お江戸」に行ってきました。
目的は・・・・どーしてもッ!観たい美術展が2件あったから。
日本でいちばん好きな東京都庭園美術館で開催されていた。
「ティファニー展」と、東京ミッドタウンにあるサントリー美術館で開催されいた「鳥獣戯画」

ちなみに「鳥獣戯画」大好きなんです。
なんせ国宝だから、地元関西で保管されているとはいえ、普段は観れないから
ナマで拝見できて、そりゃもう、ココロが阿波踊り級に踊りまくった。
あ、でもふたつとも月曜日で閉館済み。

出張や旅行で、何十回も東京には行ってるけど
表参道ヒルズや六本木ヒルズ、東京ミッドタウン等、ツルピカの新しい建物には
全く興味がもてない・・・・。
特に夜の六本木ヒルズは、威圧感があって恐ろしい。
東京がすきなのは、場所というか、街というか、降りる駅によって
全く異なる所だろうか。国境があるんとちがうん?と言いたくなる程
様々な顔がある。

今回のお供にした本は、イラストレーター進藤やす子さんの
『 新東京クルーズ 』

現代を生きる同じ働く女子として、同じ目線で、色んな東京の街を探検し
キュートな笑えるイラストと文章でまとめてくれている本。
今までキョーミなかったけど、ちょいと行ってみるかぁ~♪と
思う場所がたくさんある。

銀座のシャネルビルにある、レストランって
ランチのデザートには、「シャネルのボタン型のチョコレート」がでてくるそうよ!
「失神級のわいさ(ハートマーク)」と書いてあるッ。
うーーーん、みてみたい。
実は東京初日が、みどりんの誕生日だったんです。
表参道のカフェで休憩しながら、この本を読んでいると・・・・・・・・

「Happy Birthday みどりちゃ~ん」

進藤さんとお友達が、みどりちゃんというお友達のお祝いを
表参道のケーキ屋さんでお祝いしてるイラストが掲載されていたのだ!

ひゃ~?!

偶然というか必然?!
すごいシンクロニシティやんか★☆★と、嬉しくなった。


ありきたりのガイドブックでは、満足しないオトナ女子に
オススメの1冊。

みどりんは、吉祥寺と神保町が、いまイチバンのお気に入り!

【 本日のオススメ本 】
 
  進藤やす子の新東京クルーズ   

  ㈱ワニブックス   定価1300円


  東京クルーズ

スポンサーサイト
【2007/12/19 08:16】 | お出かけ&旅行 | トラックバック(1) | コメント(0) |
お江戸の親切なヒト達

先週、お江戸の台風はすごかったですね。
みどりん、お江戸でセミナー受けておりました。
台風一過の翌日、向かったのが「吉祥寺」
何十回も東京出張に行ってるけど、吉祥寺に行くのは2回目。


右手には 『 東京てくてくすたこら散歩 』
雑貨等のスタイリングをされてる、伊藤まさこさんという方の本デス。


みどりんの目的は、17ページに掲載されている
「トムズボックス」という書店。
業界では有名な絵本編集者・Aさんが経営されている本屋さん。
翌々日の日曜日に、そのAさんの講義を神戸で受けるので
どんなお店か興味あったんだ。


さて、地図をみながら探したけど、方向音痴じゃないけど
地図が簡略化されていて、ちと解らない・・・。
うーーーん、近くまで来てるはずなんだけど・・・
たまたま、店外にいらしたカフェのお姉さんに聴いてみた。


「うーーん、アバウトな地図ですねぇ~・・・。詳しそうなスタッフを呼んできますね。
B子さん、今いいですか?」
B子さん登場「うーーーん、ワカリマセン・・・。」
最初のお姉さん「じゃ、このお店に電話して聞いてみましょう!」
と、爽やかに店内に入ってしまった。


「えぇーー!?電話なら自分でしますよぉぉ~!!」


1分後。お姉さんは戻ってきた。
「その角を右に曲がり、タバコ屋さんの角をまた右に曲がった所だそうですよ。
行ってらっしゃ~い♪」
お姉さんとB子さんは、ニコニコしながら手を振って見送ってくれた。


みどりん、大感激ッ☆★☆
伝わるかしら?この気持ち!


あたし、カフェ利用してない、ただの通行人なんだよ。
電話までかけて下さるなんて。


あたしも地元関西はもちろん、東京でもしょっちゅう道を尋ねられる。
どうやらシティガール(←死語だろ)に見えるらしい。フッ。
親切にお教えしてるつもりだけど・・・・・・


まだまだ・・・だッ。


よーしッ、今度道を尋ねられたら、うんと丁寧に教えよう。
ほんの短いやりとりだけど、対応次第で出張や旅行で訪れた
その土地のイメージが確実に変わるから。
吉祥寺のイメージ、めちゃいいっス。


あ・・・、本の中身の話、全然してないよね?
でも、いいの(おいッ!?)
今回は、カフェのお姉さん達のエピソードをお伝えしたかったんだ。
ありがとう、お姉さん達。
そのカフェの場所を知りたい方は、ご連絡してね♪


素敵な出逢いと経験をくれた、この本に感謝。
ありきたりのガイドブックじゃないです。


【 本日のオススメ本 】


 東京てくてくすたこら散歩   伊藤まさこ


 文藝春秋   定価1143円


 すたこさ散歩


【2007/09/12 12:40】 | お出かけ&旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
お江戸へGO!

今週あたくし、お江戸出張に行ってきます。
この1年で、お江戸出張は10回程いってる様な気がする。
プライベートでは、2回行った。


ところで、みどりんは街を歩いていたら
やたらめったら、人に道を聴かれる。
大阪、京都、神戸、地元関西はもちろん
東京、横浜でも聴かれる。日本人だけじゃないぞ。
イタリア人やアメリカ人にも、聴かれた。
「アタシ、エーゴ、シャベレマセーーンッ。」


南青山を歩いていたら
 「 あの、根津美術館はどこでしょうか?」
 「 あ、次の角を左ですよ。」


銀座を歩いていたら
 「 あの~、有楽町はどうやって行くんですか?」
 「 その通りをまっすぐ行って、右です。」


JR東京駅を歩いていたら
かなり急いでいた学生風の女の子が
 「 あの! Cの3番・出口はどこですか?!」


 えぇ~ッ!?あたしも解からんっちゅーの!
 「 えっと、JRの駅員さんに聴いた方がいいと思います。」


その2分後。今度はおばさんに
 「 Cの3番出口はどこでしょう?!」
えーーッ!?またかいなッ。
Cの3番出口で、一体なにがあるんねん?


ふぅむ。あたしは関西人だけど
どうやらシティガール(←死語だろ!)に
見えるらしい。ニヤリ。
つまり!関西人だけど東京人に見えるってコトを
自慢したいのであった。フフ。


ちゅうわで、ニセ東京人のみどりんが今日ご紹介する本は
『 東京23区まっぷ 』
この本が優れているのは
地図が立体的になっているのだ。
のっぺりさんの地図が多い中、これは俯瞰図になっている。
新宿の高層ビル達が、立体的に描かれているので
すんごく!解かりやすいッ。
かつ、見ていて楽しい。


忙しそうなビジネスマンが多く、他人に路を聞きにくいわ&
田舎モンに思われたくないもん、という
ちょっぴり見得っぱりなヒトにオススメ♪
お江戸出張&旅行に、どーぞ。


【 本日のオススメ本 】


 ゼンリンまっぷ大字展 東京23区


 ㈱ゼンリン  定価1143円


 zenrin.jpg


【2007/03/18 19:07】 | お出かけ&旅行 | トラックバック(0) | コメント(10) |
乙女ちゃん

女子って生き物は、いくつになっても、乙女がスキだ。
ちゅうか、乙女ココロを持っていると思う。
あたしだって、もちろん持ってるぞ。
(でもヨン様や、ハンカチ王子にはトキメかないけど。)


そんな乙女なみどりんにピッタリの本を
後輩が、誕生日にプレゼントしてくれたの♪
『 乙女の金沢 』
彼女は金沢出身。
カフェ、雑貨、和菓子、散歩道・・・かわいい金沢案内の本だ。
優しい写真。穏やかな色使い。
気持ちが落ち着く本である。フフ。


本の 「 はじめに 」
「 乙女は京都に恋をし、金沢に憧れます。」のセリフに
そうそうそうそうそうそうそうそう!
うんうんうんうんうん!
わかるーッ。
と頷いたあたし。


京都と金沢の街って、女子にとっては特別だと思いません?
もちろん歴史や文化、情緒もあって・・・・。
美術館や重厚館のある建築物もあり
どんなに傷ついたりした人も、優しく迎えてくれる街。。。。


そして、ナントいってもキーワードは 「 ほっこり 」
このコトバを聴くとみどりんは、柔らかで、くすぐったい様な
心地よさを感じるんだー。
ほっこりしたアンコ、ほっこりした和菓子。ほっこりとした空気。
ほっこりした山並み・・・・。


あぁ、ホッコリに逢いに行きたくなったなぁ。
仕事を離れて、携帯電話の電源もOFFにして
ちょっと出かけたくなりましわ。


ところで男子にとっては、金沢や京都ってどんな印象なのかしら?


【 本日のオススメ本 】


 乙女の金沢   乙女の金沢制作委員会


 中央公論新舎   定価1500円


 乙女の


 

【2007/01/25 08:01】 | お出かけ&旅行 | トラックバック(1) | コメント(2) |
京都どすえ~

先日、お江戸出張に行った時に東京駅で
JR東日本の 『 そうだ、京都に行こう 』のポスターを見かけた。


へぇ~・・・!
まだ、やってるんだー。
っちゅーか、ずっとやってるでしょ?!とツッコミをいれた。
東京の知人曰く「あのキャッチコピーを見る度に、行きたくなるのよぉ」とのコト。


わかります!わかりますともッ。
関西人でも、春と秋になると京都に行きたくなるもの・・・。
てな訳で、この3連休の初日に行ってきましたの。
同僚のヤマトナデシコよっしーと、閉館間際のルーブル展に始まり
町屋でランチ、甘党屋さん、よーじやでお買い物、
三十三間堂、京都博物館で開催されいる京焼展。。。


ぜぇぜぇ~・・・。はぁはぁ。
さすがに、ちかれた・・・。


でも、艶やかな風情と洗練された空気、
受け継がれる伝統、
いいですねぇ。
おいしいモノも多いしねぇ。


和菓子の、はじらいを含んだ控えめな外見&色使い。
老舗の渋皮栗色をした珈琲。
うぅむ。写メールじゃ味気ないわん。
ささっとスケッチできたらなぁ~・・・。


で、最近買った本を、思い出した。
『 はんなり京都スケッチ気分 』
優しい透明水彩で、京の町のにぎわいや
季節のうつろい、おばんざい、町に漂う精神文化等を
紹介されている、とってもはんなりとした本。


旅先や、ちょっとしたお出かけにスケッチブックを
持って、ささっと描くのっていいなぁー。



ア、実は・・・
みどりんは高校時代から美術科なんッス。。。
学生時代は、絵ばかり描いていたんだーー。
サラリーマンになった今は、あまり描かなくなったけど
今年になってコッソリ、筆を持つ様になった(ザ・復活!)



デジカメで簡単に撮ったり、キャンセルできるけど
自分でお気に入りの風景を描くと
ずっと覚えてると思うんだ。
その風景も頬に触れる風も、青い空も、匂いも・・・。


そうだ、透明水彩、買いに行こう!


【 本日のオススメ本 】


 はんなり京都スケッチ気分   安田泰幸


 日貿出版社   定価1500円


 京都

【2006/11/05 14:11】 | お出かけ&旅行 | トラックバック(0) | コメント(5) |
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。