みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
男子だけの本じゃあないよ
通勤の乗り換え駅の本屋さんで
初めてこの本を見かけた時から
気になっていた。かなり。

でも、手にはとれない。
横目で眺めるだけ。直視はできない。
タイトルと装丁が、ちょっと・・・ね。
 
それにビニールで包まれて、中身は見れないんだもの。
なんで、ビニールで包むんだろう・・・。
そんなに、もったいぶってどーする?!

某タレントさんの、お取り寄せの本も何故かビニールで
包まれていて、立ち読みができない様になっている。ちぇッ。

でもねっ、昨日ねっ、西梅田のジュング堂で
ビニールに包まれていない!この本を発見☆

わたしは 「おぉ!」 と心の中で、小さく叫んだ。

ちゃーんと親切に 「 見本 」 というカードを貼り付け
「 2008年いちばん売れた写真集です。」
という手書きのPOPまで付けてくれているではないか。
さすがジュング堂さん! そごうのS書店とは全然違うぞ。
色んな芸能人の写真集が、ワンサカある中でいちばん売れたんだぁ・・・。
わたしのムネは期待で、ぷくんと膨らんだ。

左右に人がいないか、注意深く3回も確認して
そっと、その本を手にとった。
そっと、いかにもさりげなく。

「 えー、ナニこれ? こんな本キョーミないけど
  たまたま手に取って、ペラペラ見たんですぅ。」という演技をしながら。ふぅ・・・。

なんで、こんな苦労してるかと言えば、その本のタイトルは

 「 妄 撮 」

表紙も、色っぽい女子の写真。
タイトルと装丁だけで、女子の私でさえ、色々想像してしまう。
そりゃー、200%男子が見る本だろう、と分かっていたけど
中身を見て驚いた。

この企画、スバラシイわッ。

あ、、、ヤラレタと思った(キッパリ)

うまいなぁ~・・・。
この発想の柔軟性。


私は、カルピス・ウォーター を思い出した。

この商品、発売された時 大ヒットしましたよね。
カルピスの原液は、ずーーっと販売されてきたけど
確かに何故、すぐに飲めるカルピスは今までなかったんだろう?!と
誰もが思ったはず。
(ちなみに限定のカルピスウォータープ・レミアムは、かなり濃厚だ。)

この写真集も、カルピス・ウォーターと同じ原理。
男子の潜在意識を、具体化して 「 ほれ! こんなんいかが? 」と
見せてくれている。

このアイデアを考えたのは、どんな人?
企画書がみたい・・・・。
企画会議って、どんなんだったんだろう?
撮影現場も、盛り上がったんだろうなぁ~~。

嗚呼 「 妄撮 」 で妄想し過ぎだよ、自分。

かたーーい、ビジネス書ばかり読んでる男子には、オススメです。
発想の転換、アイデア、気付きがあるはず。
自分で作る(?)妄撮の付録(おまけ)付き。

そりゃ、いちばん売れたのも大いに納得!

また、ジュング堂に立ち読みしに行こうっと。
(他人の目が気になって、6ページ分しか見れなかった。)
ジュング堂さん、ありがとう。

【 本日のオススメ本 】

  妄撮

  定価1700円

もうさつ
スポンサーサイト
【2009/02/19 12:47】 | 写真集 | トラックバック(0) | コメント(0) |
見慣れた日常も視点を変えれば・・・
 写真集って買ったコトありますか(なんだよ、突然)

 ティーンエイジャーの頃、実は、わたしは・・・結構、買ってました。
 某ジャニーズ・アイドルが好きで(!)写真集や雑誌を買ったり
 切り抜きを集めていた、、、のであります(遠い目・・・)

 オトナになってから、久しぶりに写真集というモノを購入。
 尊敬する絵本編集者のY女史が、手掛けた本だもの。
 迷わず即買い!

 Y女史の授業で 『 こやたちのひとりごと 』 
 という本を紹介して下さった時、

    「 うぅ・・・やられた。そーきたかッ。」

              わたしは、ガクっと膝をついた。


 何だか、もう発想が柔軟というか、枠にとらわれないというか
 嗚呼、視点が違う。

 同じ風景やモノを見ても、
 気付く人と気付かない人がいる(年齢に関係なく)


 ”気付いた人”だけが、どんどん発想を進化していくのだろう。

 わたしが通っている学校の講師でもある、福田氏が「ほぼ日刊イトイサイト」で連載し、
 書籍化された 『 福田のフォト絵 』  
 と同じくらい発想が柔らかい。
 ( この本は既に、このブログで紹介済み。大好きで本当にステキな本。)

 この 「 こやたちのひとりごと 」 は、なーんてコトない日常の風景に
 埋もれてしまっている「 こや(小屋)」が主人公の本。

 古くなったり、景色に同化していたり、色もキレイじゃないし、
 言っちゃあ、何だけど可愛くもないしさ(キッパリ)
 でも、その 「 小屋くん 」 達が主役。


 撮る側が ”ひとりの確立した小屋くん”として見てるので
 不思議と、勝手に彼らの性格やプロフィールが伝わり
 人格(小屋格?)が生まれている。
 そっか、あんたは、そうゆう思いでここに立っているのね、と納得してしまう。
 「 小屋 」を見かけるコト事態、あまりないけど先々週
 大阪・中ノ島の屋外スケッチ会で河沿いに「 小屋 」が佇んでいるのを発見。
 ボートとタイヤを従えて、何だかエラソーでいい感じだった。
 もちろん、水彩で小屋くんを描きました。

 ビジネス書が苦手な人、ガチガチにお硬い人ほど
 そっか~、こんな自由でいいのねん♪と思って
 視野が広がり、軽い気持ち読んで頂けたらウレシイです。
 なんせ、師匠が編集された本だから
 グイグイ思い入れがあるのも事実。

 夜遅く、そろそろ寝よっかなぁと思った時刻に
 ふと思い出し、取り出してしまう本である。

 自分が見慣れた風景にも 「 小屋くん 」 達がいるかもしれない。

 では、皆さんステキな3連休を
 お過ごし下さいね~!

 【 今日のオススメ本 】

  こやたちのひとりごと  

  定価1600円

こや
【2008/11/21 12:31】 | 写真集 | トラックバック(0) | コメント(0) |
枠から跳び出そう!
ジネス書やビジネスセミナーで、よく耳にするのは
「 常識にとらわれない。」「 枠を外す。」

うんうん。そうね、そうね。と頷くけれど、3日目のフランスパンの様に
凝り固まった脳ミソくんは、容易に柔らかくなってくれない。
意識して、自分の思考や視野を広げないと・・・・ね。

毎週通っている神戸の絵の学校、二学期最初の授業は福田利之センセイ。
福田センセイは、スピッツのCDジャケットも手掛けるてるすごい人!!
でもね、大阪人とは思えない程、マイルドなお方なのだ。

今日は、福田センセイのご本
『 福田のフォト絵 』をご紹介します。


こ、こ、この人は・・・少年の心を持っている。
この本を見た瞬間、思った。
発想のおもしろさ。というか自由さ。
ピュア・エネルギーと論理的思考を併せ持った人。

日常の何気ない風景、
サッカーボールを吊り下げた雑貨屋さんの店先、橋げた、車道、
山並み、フェンスにかけた作業着、公園のベンチ
我が家の庭先にもヒッソリあるメーターボックスetc

本当に、ありふれた日常の風景。海外ではなく全て日本。
その風景を写真に撮り、そこに福田センセイが絵を描き
ひとつの作品にしたのが「 フォト絵 」
これが、もう素晴らしい発想とアイデア☆★☆


吊るされたサッカーボールが、パンダ達のサッカー試合に変身し
公園のベンチは、お姫さまに変身し、
山の斜面には、ちゃんと登山男子の姿が。
写真は、横向きだったり、逆さまに使用したり、色々。
純粋にオトナもコドモも楽しめる。

嗚呼、こうゆう視点・・・!!
あたしは、どこに置いてきたのだろう?


見る・観る・視る・ミル!

毎日、通っているあの路も、駅までの通りも、会社の壁も
ありふれた日常の一部になってしまってるけど
もう一度、意識して見てみよう。
新しい発見と気付きがあるはずだ。


最近、放置していたデジタルカメラを、久しぶりに使ってみようかな。
ある意味、ビジネス書の様に色んな事を
気付かさせてくれる本である。

福田センセイは、テレ隠しに「バカな本でしょ。」とおしゃってたけど
あたしは「大好きです! サイン頂けますか~。」と答えたら
ちょっと嬉しそうでした。フフ。

【 本日のオススメ本 】

  福田のフォト絵   福田利之

  定価1300円

福田の
【2008/09/09 12:41】 | 写真集 | トラックバック(0) | コメント(0) |
マニアな人

みどりんはマニアである。
でもオタクではないッ。


スキなものは、とことん集めてしまう。
本・マニア。
文房具・マニア。
クリアファイル・マニア。
そして・・・切手マニア。


お江戸出張に行くと、必ず立ち寄るのが
新宿郵便局と東京中央郵便局。
「記念切手」の宝庫なのさッ。
大阪じゃ見かけない切手が、わんさか。
ウットリ~・・・。
なので、あたしの東京土産は、東京バナナや鳩サブレではなく
「切手」なのである!


お手紙や、はがきを出す時に相手のイメージを
考えて、切手をペッタンコと貼るひとときって
楽しいと思いませんか?


アトムと同じ誕生日のミホちゃんには
アトムかウランちゃんの切手をペタン。


暑中お見舞いはがきに、ガンダム切手を貼ったら
メチャ喜んでいたガンダム・マニアの男子友達S氏。


クリスマスカードは、もちろん雪だるまや
ツリーの切手をペタン・・・・などなど。


そんな切手マニアのあたしの誕生日に
ミホちゃんがプレゼントしてくれたのが、この本
『 ポストオフィスマニア 』
海外の郵便局や切手が、豊富な写真でたくさん掲載
されているのー!


身の回りのものに、その国らしさがあふれてるんだよねー。
海外のポストや、郵便局の車って、デザイン性が高くて
キュートで、驚いてしまう。
でも、日本の真っ赤かなポストのスキさッ。


さて、あの人の手紙には、どんな切手を貼ろうかしらん♪


【 本日のオススメ本 】


 ポストオフィスマニア   森井ユカ


 講談社   定価1800円


 ポスト


 

【2007/03/08 07:59】 | 写真集 | トラックバック(0) | コメント(6) |
空を眺めよう

小春日和のお天気が続いてますね。
1週間ぶりの更新です。
基本は、平日と週末の週・2回更新が基本なのに。
図書日記を、ご覧の1万人の読者さん(←うそ)お元気ですか~?


あたくし、みどりん昨年末ぐらいから、月が気になってしょーがない。
必ず毎晩、お月様を見あげてしまうの。
前世は、
かぐや姫だったかもしれなくってよ♪(←おいッ!?)


てなわけで、自宅のお部屋も会社の卓上カレンダーも
今年は 「月の暦」 を使っている。
28日周期の、お月さまの形状や、二十四節気が表示されていて
とっても、お気に入り!


あたしの朝は早い。
6時20分に、家を出る。
真っ暗な空に、お月様とお星様が輝いてる。
犬のお散歩をする人も、いなくて
何だか、この世で自分と
お月様だけが起きてるような感覚になる。
カレンダーの表示と、同じ形状のお月様をみるとうれしくなり
今日も美しいですね、って対話しちゃうのである。


そんなお月さま好きのみどりんが
最近、買った本がこちら。
『 月の本 』
題名がストレートで、解かりやすいでしょー。


えっとね、まず最初のページに月を題材にした小説の文章が
抜粋、紹介されてるんだけど、続きが読みたい!とそわそわしてしまった。
(林望さんの運命という小説。ご存知?)


茜色とモネが描く様なブルーグレーの
美しい空に、光るお月様の写真や、「月の狂気」「月のリズム」の
読み物ページも興味深い。
満月の日は、交通事故や妊娠する確率が確実に
増えるんですって・・・・。
うぅ。。、ちょっと恐い~と思った人、安心して。
「 月とことわざ 」のページを読むと
一気に、よいこの国語の時間になるから!


ちなみに、あたしにとって強烈な印象のお月様は
出張帰りにみた、威圧感と権力の象徴・六本木ヒルズと
お月さまが並んでいた光景。。。。
コトバにならない程の、すんごい迫力だった!


あたしは、まんまるな満月より
ちょっと欠けた立待月や居待月が好きです。
今夜は満月。
たまには、夜空を見上げてみませんか。


【 本日のオススメ本 】


 月の本  林完次


 角川書店  定価2500円


 月の本

【2007/03/04 15:12】 | 写真集 | トラックバック(0) | コメント(4) |
next→
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。