みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
今年のベスト3の一冊です

 イキナリですが、この本は 
 本年度のベスト3に入りますね(キッパリ)
 
 7月が始まったばかりなのに、言い切ってしまいますよ(キッパリ)
 この本とは、勝間和代さんの
 『 インディペンデントな生き方 』


 誰もが知ってる、超売れっ子の勝間さん。
 流行りモノの本には、あまり手を出さないけど、
 これは同僚のNちゃんに薦められて購入。
 本おたくなので、あまり人に
 薦められた本は買わない&自分で選びたい派なのだけど
 これは素直に買った。
 
 有休をとって、京都経由で滋賀に行くJRの中で読み始めたけど
 前のめり!になってしまった。

 思わずJRの車内で
 「 女子のみなさん。奥さんも、学生さんも、OLさんも
   みぃぃぃんな、この本を読んで下さいッ!!」と
 メガホンを持って叫びたかった。


 女子として産声をあげ、数十年生きてりゃ、
 そりゃ色んな事に気がつき、学び、成長するけれど。
 自分で気付いたコトしか、脳と心には残らない。
 教えてもらったコトは、案外忘れてしまったりする(ですよね?)

 でも、勝間さん 教えて下さってありがとう。
 「 あなたからの教えては、
   脳のヒダの奥まで染み込んで忘れません!
   実行しますっ。ぜぇはぁ・・・。」
 
 またまたメガホンで、勝間さんがいらっしゃる
 東京の方向を向いて叫びそうになった。

 この本をひとことで要約すると
   「 間に合った。」


 こんな事、誰にも教えてもらわずに、もちろん気付かずに
 女子人生を終える人が多かったのに、
 勝間さんと同じ、現代を生きる女子は、そうこの本に触れる事ができる。
 だから 「 間に合った。」 

 頭のいい人だから、難しそう・・・と敬遠してたけど
 これは、ゴクゴク喉越しのいいワインを飲むように
 ゴクゴク読める。
 何だか頭が、8月の青空の様にスコーンとクリアになった。
 でも、今までのあたしの思考、そして行動って・・・・と愕然となり
 草津駅のホームで、膝を突きそうになった。

 この本は、中学生の指定図書にするべきだと思うのは
 わたしだけだろうか? 


 インディペンデントとは、自立。
 「 精神的にも経済的にも周りに依存しない生き方 」の勧め。


 インディの条件は3つ。
 1.年収600万円以上稼げること。

 2.自慢できるパートナーがいること。

 3.年をとるほど、素敵になっていくこと。


 ぎゃふん。
 ハードルが、た、た、高すぎる・・・。 

 そして 「インディ」 になるために必要なのは
 たった2つの法則だと、勝馬さんはおしゃっている。

 1.じょうぶな心

 2.学びつづける力
 

 じょうぶな心・強い精神は、実はイチバンあたしが欲しいモノ。
 よっしゃー、生涯の目標にします。
 インディには、なれない~・・・と思う女子の皆さん安心して。
 「 インディになるために、明日から始める六つの約束 」が
 巻末についているのです。心強い。
 勝間さんのコトバは無駄が無く、明確に伝わる。

 みんなで、がんばろうではないですかっ。えいえいおう。

 そして、実は・・・
 もっとスゴイおまけが最後の最後に付いているのである。
 この本を薦めてくれたNちゃんは、気が付いてないそうだ(なんでやねんっ)

 
 【 本日のオススメ本 】
 
  インディペンデントな生き方  勝間和代

   定価1000円
  
 インディ

スポンサーサイト
【2008/07/08 08:09】 | 毎日・読む本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
毎日、逢う天使

毎日、読む本ってありますか?
みどりんは、あります(キッパリ)


毎晩、寝る前の40秒、読んでる本がある。
この本を眺めると、会社でカチョーに怒られた日も
おNEWの靴を履いたのに、ワンコちゃんのフンを
ふんでしまった日も、すっかり洗い流してくれる。


うっとり、ふわふわココロが柔らかくなるこの本は
『 天使のカレンダー 』


365日、毎日色んな天使がいるの。
1日1ページずつ、寺門孝之さん描く甘くてピュアな
天使達が紹介されているのだ。
それぞれ、天使達の役割・仕事というか業務も紹介されている。
ふぅむ。天使って、意外と働きものなんだねー。


えーと、今日の天使は、どんな子でしょ?


◆9月27日は 「 森の市場のニ天使 」
 ・体長は、3~5cm
 ・羽の色は、緑がかった白光色。
 ・秋の森では天使が夏の間育ててきたクリなどの木の実や
  いろんなキノコを並べた朝市がたつ。
 ・森で運良くこの市を見てもあまり買わないように。市は冬を過ごす
  動物たちのためにある。


想像してみて下さい。 想像できました?
森をみかけたら、思わず探してみたくなるでしょ。


ちなみに、あたしの誕生日12月13日は
「 赤いシグナルの天使 」
人の危機を予知し、それにつながるような行動にはストップの
サインを送ってくれるんですって。
心強いな。フッ。


寝る前の40秒、みどりんの習慣。
今夜もいい夢みれそう。


あなたも毎晩、天使に逢いませんか?


【 本日のオススメ本 】


 天使のカレンダー Days of Angels


 絵:寺門孝之   文:三枝克之


 ㈱リトル・モア   定価1500円


  ※ ガーン・・・・・。本日もアマゾンの画像なし。
     ごめんなさい!

【2006/09/27 08:14】 | 毎日・読む本 | トラックバック(0) | コメント(3) |
毎日・読む本ってありますか?

今日は爽やかな日曜日。
関西は梅雨入りしました。わたしは夜の雨って、スキなんです。


6月といえば・・・
水無月・涼暮月・鳴神月・風待月
蝉羽月・常夏月・松風月。


Oh!(←いきなり外人)
ナント 美しい日本語達!


本日紹介する本は
山下景子さんの『 美人の日本語 』 です。


この本は「 本を読むのが苦手 」というヒトに
読んでもらいたいんですッ(キッパリ)


365日別・1日1ページずつ、
その季節の美しい日本語と、それにまつわる解説文が
書いてあるんです。
こんなコトバが、あったんだぁ~と素直に感動しますよ。


ワタクシ・みどりんは、眠る前に本日の日付けと
明日の日付け分を読むのが、日課です。

そう! この本は毎日読む本なんです。


ちなみに今日、6月11日は
「 涙雲 」瞳のお天気
ですって。


美しいでしょー。ウットリするでしょー。


【 本日のオススメ本 】


 山下景子 「 美人の日本語 」



   幻冬舎     定価1400円








美人の日本語


 


 



【2006/06/11 11:06】 | 毎日・読む本 | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。