みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
重い本
 6月30日に、バタバタと書店に駆け込みギリギリ・セーフ!
 ふぅー、やれやれ。

 「 広辞苑・第6版改訂」の特別価格が
 6月30日までだったから。
 
 8000円が7500円になるの。このご時世、500円は大金さ。

 いやぁ~、本屋さんで現物を見て、
 予想以上の太さにビックリ。
 
 完全なメタボだ。 
 しかも薄い本(と言っても文庫本並み)のオマケ付き。関西人はオマケ大好き♪

 今日、ご紹介するのは、広辞苑。 
 それって本なの~?と言われそうだけど、本屋さんで売ってるもん(キッパリ)
 図書カードで買えたし♪

 パソコン生活に慣れると・・・、
 最後に辞書を使ったのはいつだっただろう?
 
 みなさんも思い出してみて下さい。
 ね、覚えてないでしょ?
 もう随分「 辞書をひく 」という行為をしてない気がする。
 パソコンでカンタンに、すぐ調べられるけど、カンタンに入手できたものは
 意外とカンタンに忘れるもの。

 ペラペラ・・・・。
 新品の辞書をめくると、ふむ。気分も初々しくなる。
 コトバって、時代と抱き合わせ。
 どんどん新しい言葉が産声をあげ
 成長したり、衰退したり、飽きられたり、忘れさられたり。
 
 類似コトバや、その漢字と似てる子。反対語 など。
 つい読みふけってしまう。 
 コトバや文字を見てると、いろいろ連想する。
 いや、妄想かな。 
 これは脳トレになりますねッ。

 解らないコトバや文字があれば、活躍させよう。
 部屋に置いておくだけで、賢くなった気分だ(嗚呼、カン違い)

 みなさんも、久しぶりに辞書を使ってみませんか?

 ちなみに広辞苑を買った帰り、スポーツクラブに寄ったので
 コッソリ、広辞苑クンの体重を量ってみた。
 キョロキョロ、誰もいないのを確認。
 どっこいしょ。
 ドスンと載せる。

 表示された数字は・・・・3.3キロ。

 ふむ。
 あたしが持ち上げてるダンベルは、6キロなので約、半分。
 ふむ。
 満足して帰宅する。

 【 本日のオススメ本 】 
 
  広辞苑・第6版改訂

  岩波書店  定価8000円


広辞苑



スポンサーサイト
【2008/07/03 08:04】 | 言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |
美しい日本語に逢いにゆこう

会社の給食を食べ終わった食堂からの帰り道、
パンダ似のキュートなミホちゃんが言った。
「ねぇーねぇー、今月は好きな作家、
 3人に逢えるんでしょ?
 あとひとりって、だあれ?」


そうなのだ。愛逢月(7月)は、好きな作家・3人に逢えるので
鼻息が荒く過ごしていた。ふんがーーーッ。
この図書日記にも書いた、本田健さん、蝶々さん。
残りは、山下景子さん!!


実は1年前にも、山下さんのご本を紹介したんだよ。
この方の本と出逢い、本当の意味での
「言霊」が体感できた。
春風の様に心がポッと暖かくなったり、熟成されたワインの様に
じんわり、細胞に染み渡ったり・・・・。


好きな本には、ストーカー並の愛情を持ってるあたくし、みどりん。
当然、作家にも逢いたいわけでして。
関西在住の山下さんにも、絶対逢いたーいと思っていたら
「NHK文化センター京都教室」で、ナント!山下さんの講座を発見!★%!
ふんがーーッ!


昨日が初日。ドキドキしながら、またもや開講時刻より
うんと早く行き、1列目をキープ(ニヤリ)
あたしは、とにかく1列目じゃなきゃ嫌なオンナなのッ。フフ。


ご本人の山下さん、イメージ通り♪
ふんわり、桃の様なピュアな少女マインドと、文学を愛する知的な凛とした
思いを併せ持ってるステキなお方でした。


その日、京都行きの電車で読んでいたのが
『 しあわせの言の葉 』
小説家、随筆家、翻訳家、歌人、女優、日本舞踊家、教育者・・・
凛とした日本女性が残した名言に、山下さんが解説や想いを込めた言葉を
書きつづっている本。
各名言2ページづつまとめた構成になっているので、読みやすい。


日本・女子に生まれてよかった・・・!
素直にそう思える本だ。
こんな気持ちになる本と出逢えて感謝。


ちなみに、山下さんの講座は、7月~9月。
月1回で全3回。
興味がある方は、NHK文化センター京都教室のHPまでどーぞ。


【 本日のオススメ本 】


 しあわせの言の葉  山下景子


 宝島社   定価1200円


 このはな

【2007/07/22 21:36】 | 言葉 | トラックバック(0) | コメント(2) |
手紙を書こう

最近、お手紙って貰ったコトありますか?


メールがほとんどですよねぇ・・・。
今年になってから、年賀状とDM以外に手書きの
おハガキを3通頂いた。
予想外なヒトからの、予想外の便りに素直に
とっても!うれしかった。


手書きって、いいよなぁ~。。。しみじみ。
子供の頃、女子は特に 「ファンシーグッズ」 が大好きだ。
便箋や、カワイイ♪メモ帳やノートをよく集めた。
いまでも、買っちゃうんだけどさ・・・。


オトナなったみどりんは、相変わらず文房具好きだ。
だんだんエスカレートして、万年筆を愛し、
クリアファイル・コレクターになり、
切手マニアになってしもうた。


切手って、大事なのさッ!
かわいい女子には、キティちゃん切手をペッタンコ。
機動戦士ガンダムファンの男子に、ガンダム切手で
送ったら、メチャ喜んでいた。
クリスマスカードには、サンタさん切手・・・etc。
あたしなりのホスピタリティ精神なのだ。


ハガキは気軽に書けるけど、お手紙を書く時は
ちぃと構えますね。
書き出しにに迷っちゃう。
そんな時に役立つ本がこちら★
『 手紙 実用文辞典 』 ←愛用してボロボロ。


「拝啓」の後の、時候の文が特に参考になるんだなー。
後ね、「自他の呼び方」のページもいいっス!
「叔母」と「伯母」の使い分けが一覧表になって便利。
ふむふむ!ほほぉ~と頷きながら読んでしまう。


カテゴリー別に別れているので、解りやすい。
「承諾に関する手紙」の項目で、
「求愛承諾」「借金の申し込み承諾」なんか
おもしろ過ぎて、読みふけっちゃう。
「ファンレターの書き方」なんかも、あるのだ!


結構、マニアっぽい内容ですが
一家に一冊という感じでございます。
てなわけで、みんな
久し振りに、だれかにお手紙を書こう!


【 本日のオススメ本 】


 手紙 実用文辞典   武部良明


 三省堂   定価は不明&アマゾン画像なし。

【2007/02/02 07:59】 | 言葉 | トラックバック(0) | コメント(2) |
夜に読む本

ネーミングは大切です。


いきなり経営コンサルのセンセイみたいな事を
言っちゃいました、あたくし。えへへ。


だってさ、本屋さんに行ってぶらぶら・わくわく本を
選んでいて
「 うむぅ~?!」
「 えー、ナニナニぃ?」
ってタイトルに惹かれて
思わず手にとってしまう本が、多々ある。
でも、手にとってジィィーーと見て結局
買わない場合も多いけど。


今日ご紹介する本も、タイトルに惹かれた。
谷川俊太郎氏の『 夜のミッキー・マウス 』
真っ白な生地に星座とキラキラ控えめに光る
お月様のシンプルな装丁。
濃紺の帯。


晩秋から初冬にかけて、メランコリックな気分のみどりんは
迷わず、この詩集を買った。
不思議だな。。。。
盛夏には詩集を買おうとは思わない。


移りゆく季節があるのって、やっぱりいいな・・・。


詩集の目次を見た。
「夜のミッキー・マウス」
「朝のドナルド・ダック」
谷川先生は、ディズニー好きだったのか?!


詩集のすごい所は、短文なのに
そのコトバひとつひとつ、状況を連想しながら
読んでしまう所だ。


暖かい、シナモンミルクティーを飲みながら
イルミネーションが美しい、この季節に
ピッタリの一冊です。


【 本日のオススメ本 】


 夜のミッキー・マウス   谷川俊太郎


 新潮社   定価1500円


 ミッキー

【2006/12/16 18:52】 | 言葉 | トラックバック(0) | コメント(2) |
アーモンド・アイズ

昨日、ちょっと年齢が離れたお友達・税理士のOさんと
ビジネスセミナーの後
バニラビーンズが、たっぷり入ったシュークリームを
ほお張りながら、おしゃべりした帰り本屋さんに寄った。


新刊コーナーを何気にみたら、
あ・・・・ッ!
この本、買おうと思ってたんだよね。
でも、同じ題名の同じ本なのに、2パターンあるぞ。
あたしは、いわさきちひろさんの
イラスト・バージョンの方を選択。


いわさきちひろさんの描く子供って、不思議。
アーモンド型で、深い湖みたいな目をしてる。
ちょっと大人びた子供達。


本の帯には 「 大切な人を亡くしたとき・・・ 」と、ある。
いや、別に親しい人を亡くした訳じゃないけれど
この本の存在は知っていたので、いつか買いたいと思っていた。


作者が 「 不詳 」って、所も不思議だなぁ・・・・。


早速、帰りのJRで読む。
8分43秒で、読みきった。
ちひろさんの、深い茜色の夕焼けや
葡萄酒色の空の絵と、詩が溶け合って切ない美しさが
ココロに、ジンジンしみわたっていく・・・。


「あとがき」の新井満さんの話が、またいいんだ。
親との関係性って、ビックリするくらい影響が大きいのを
改めて感じた。「ユダヤ人~」の本を読んだ時も、そう思った。


生きてる人から、亡くなった人へのメッセージは多いけど
これは、亡くなった人から生きてる人への
メッセージなんです、この本・・・。


【 本日のオススメ本 】


千の風になって(ちひろの空) 原作:作者不詳
                   日本語訳:新井 満


 講談社       定価1000円


 千の風

【2006/09/07 08:09】 | 言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |
next→
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。