みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
コーチングってスゴイ★

神無月も今日で終り。
明日からは、出雲大社に集合していた、神様達も
みんな各自のお家(神社やお寺)に、帰っているんだろうね。


ちゅうわけで、月末恒例の今月の本・大賞の発表でっす。
あ、その前に・・・・
今月の購入数は、12冊。
購入金額は、13711円っス。


今月の大賞は、こちら! じゃーーん♪
『 もしもウサギにコーチがいたら 』


みどりんは、S氏という尊敬している男子友達がいる。
彼は医者で、且つコーチングの認定資格を持ってる
熱い男子だ。(メチャよく、しゃべる。)


彼と久し振りに逢って話すと、頭の中がクリアになり
「あたしって、賢くなったかも♪」と勘違いさせてくれる程の
人間力があるヤツだ。


今夏、彼の勤務先の医院で彼が主催する塾に
参加した時のコト。
テーマが脱線し、若い女子のレンアイお悩み相談会になってしもうた(ありゃ)
と、黙って見守っていてくれた彼がピピッと
まるで七味の様にスパイスを降りかけてくれたその時
「 場の流れが変わった 」


体験したヒトじゃないと解りにくいかもしれないが
こ、こ、これが、コーチング?
場を作る。リードするってコトなのね。
と衝撃を受けた&コーフン状態。


行動力のあるみどりんは、早速本屋さんにダッシュ。
でも「 部下を指導する為の上司のコーチング 」の本ばかり。
ちがうんだよー、あたしは自分自身をコーチングしたいのさぁ。


で、今秋やっといい本に出会いました。
「ウサギ」にコーチ?って何よ。と思ったけど
読んでいく内に、「ウサギ」があたし自身に置き換えて
読んでしまう。客観的に自分を見れたのだ。


ウサギって「ウサギとカメ」 「イソップ物語」など
お調子モノなキャラクターでしょ。


著者は卯年生まれで、幼い頃からウサギが愚かと言われのが
不愉快だったんですって。
「もし自分が今、ウサギのコーチだったら
ウサギにはレースに勝たせたい。それ以前にカメをからかったり
するようなマネはさせない。レースの後にイソップに
ゴシップ記事を書かれない方法などについても
話し合っておきたい」と言われている。
うーーむ、なるほどぉ。。。


視点を替えるキッカケになる本です。
もう30代だから、替える必要ないよ~なんて
言わないで。まぁ、読んでみて。


【 本日のオススメ本 】


 もしもウサギにコーチがいたら  伊藤守


 大和書房   定価571円


 ウサギ

スポンサーサイト
【2006/10/31 08:04】 | ビジネス書 | トラックバック(0) | コメント(4) |
お酒の芸術作品

ご無沙汰してます。1週間振りの更新でっす。
お江戸出張だったり、バタバタしてましたの。
今回の、お江戸出張は日帰り。ちぇッ。


あたしは、東京好きなので行ってみたいお店や
場所がたくさんあるのだー。


お酒は強くないけど、このお店もいつか行ってみたいなぁと思う。
渋谷にある「バー・ラジオ」
1972年開業。34歳の店。
(渋谷の街は得意じゃないけど・・・。)
日本酒や焼酎は、飲めないし、キョーミが無いけど
カクテルはスキ。
甘いし飲みやすいもの♪


今日ご紹介する本は、このバー・ラジオというお店が舞台だ。
カクテルの作り方と写真、そのカクテルに由来する映画の
ストーリーや、小話がスマートに掲載されているのである。


この本は、写真集みたい。

凛とした貴婦人の様な、気高く美しいグラスに
注がれたカクテルの写真。
きっと飲む方も、背筋がキリリと伸びると思う。


いい店といいお酒に、
出逢うと背筋が伸びるの、あたしは。


写真を見るだけで、ウットリする。


いいお酒を、適度に頂く。
サッと引き上げる。
これが正しいオトナのお酒の飲み方だと思う。
だらだら長時間飲んだり、議論したり、
ハシゴは得意じゃない。
っちゅーか、アルコール弱いから苦痛なのさ・・・。
だから、会社の飲み会はあまり参加しないみどりんです。


今週末は、久し振りにカクテルでも飲みに行こうかな。


【 本日のオススメ本 】


 バー・ラジオのカクテルブック  尾崎浩司


 柴田書店   定価3600円

【2006/10/29 18:54】 | グルメ | トラックバック(0) | コメント(3) |
52年前の奇跡の本

ぜぇ~ぜぇ~ッ。
はぁーはぁー・・・。


↑ 変態ではありません。
あたくし、みどりんです。


ちょっとコーフンしてますの。
だって、52年前の本(!)を手にしているんですもの。


そう、あたしが手にしているのは大好きな 
『 美の伝道師 』 中原淳一が編集していた
「 女性の暮らしを新しく美しくする 」雑誌
『 それいゆ 』 1954年版なのだ!


取引先のデザイン事務所に「 それいゆ 」があるのは
風のウワサで知っていた。
先日、仕事で初めてそのデザイン事務所に伺った。


ア・・・・・。
発見ーーーッ。


「 それいゆ 」を発見!!


全部で19冊ある。
あたしは野鳥の会のヒトの様に
2.7秒で数えた。フッ。


あたしは打合せが終った後、社長のA氏に伺った。
「 あの~、それいゆ1冊お譲り頂けないでしょうか・・・?」


A氏は困惑した。
そりゃ、そーだ。
「 お譲り 」って、ビミョーな日本語だもの。
「 タダ 」にも取れるし、「 有料 」にも取れる。


良い子の、みどりんは言った。
「 もちろん、お支払いしますわ。おいくらでしょうか?」
A氏は、またまた困惑した。


そりゃ、そーだ。
あたし、一応 お客だし。
子供が気に入ったオモチャを手放さない様に
あたしは「 それいゆ 」を抱きしめていた。


A氏は「 あ・・・、貸すわ。」


「 はいッ。お借りしまっす!」


てなわけで、毎日ウットリ眺めている。
あたしが、お借りした「 それいゆ 」表紙の女性は
三島由紀夫の 「 美徳のよろめき 」の主人公のイメージと
重なるなぁ。( かなり勝手に妄想中・・・。フッ。 )


中原淳一の作品は、ヴィンテージワインの様に
時間の経過と共に味わい深いニュアンスと深さ&艶やかさを
増していき、いつまでたっても人目を惹きつけて離さない。
52年後の女子がみても、ウットリ心を離さないんだろうなぁと思う。


ちなみに、事務所に一緒に同行していた男子の先輩は
「 オレ、まったくキョーミない。
  何やねん。このホコリっぽい本はッ。」と言っていた。
うーむ。興味の無い人には、確かに価値は
わかんないだろうね。


そうそう!お料理のページが、また微笑ましいのである。
「 スパゲッティ・ウィズ・ミートボールス 」
というメニューが掲載されている。
当時ハイカラだったと思われるスパに
ミートボールが、ころりんころりんと入っている。
ミートボールがたくさん入っているので、
複数系の「 ミートボールス 」 ちゅう表現が、何だか
かわいらしいですな。くす♪


現代の働く女子に「 中原淳一のエッセンス 」は
必要ですわ、ホント。


Aさん、10年お借りしまっす(←おいッ!?)


【 本日のオススメ本 】


 それいゆ(絶版)     中原 淳一


 ひまわり社        定価180円(発刊当時)


  ※いまは1冊、数万円ぐらいの価値でしょうか・・・。

【2006/10/21 21:48】 | 全ての女子・必読 | トラックバック(0) | コメント(4) |
間取りは楽しい

皆さんのお家は、マンションですか?個建て?
賃貸ですか? それとも分譲かなぁ~。
築何年・・・・?
聞き出したら、キリがない。「 住まい 」に関しては。


みどりんは、実家の和室8帖が、MYお城。
タタミにフトンっす。
壁一面に、押し入れがズラーっとある。
南北に、やたらとデカいベランダがあるので、窓もデカい掃きだし窓だ。


2年程前、一人暮らしに憧れ「お家探し」をしたコトがある。
いやぁ~、大変ですな。


まず予算、おトイレとお風呂は別がいいのー、
駅から10分以内じゃなきゃね、治安も重要さッ女子だもの、
窓少ないのは圧迫感があって、生きていけないのぉ~、
近くにスーパーあるのかしらん?
etcetc・・・・・・・・・・・・・・。


ふぅ~・・・・。


2年たったいまも、あたしは実家にいる・・・・・。


そんなあたしですが、この本は見るだけで楽しい!
そして住んでみたい♪間取りがいっぱいなのだ。


題名はズバリ【 間取りの手帖 】
実在する間取り図と、その間取りに対してひこことコメントが
書いてあるシンプルな本である。


でも、とっても笑える!
こんなお家に誰が住んでるの?
見てみたーい!間取りがが、テンコ盛り。


ちなみに、みどりん・お気に入り間取りはこちら♪


・コメント: ⇒ 僅差でバルコニーの勝利 
 家賃: ⇒  7.5万円
 どんな間取り図だと思いますか?
 ワンルームで、洋室15帖。バルコニーがおそらく16帖。


・コメント: ⇒ 観音開きフェチ
 家賃:  ⇒ 7.8万円 
 こちらは8角形(!)の部屋の5辺に
 観音開き(両開き)の扉(収納)が
 ついているの。


 どんなヒトが住んでいるか、
 あたしだったらどんな風に暮らすか
 空想&妄想ワールド炸裂する本です。


 【 本日のオススメ本本 】


  間取りの手帖   佐藤和歌子


  リトル・モア   定価950円


  間取り

 

【2006/10/18 08:10】 | ハッピー | トラックバック(0) | コメント(0) |
芸術の秋

芸術の秋。
みどりんは絵がスキ。
自分で描くのもスキだし、美術館に行くのもスキである。


最近、関西はイイ展覧会が多い!
先月は「プラド美術展」に行ってきた。
来月まで京都で「ルーブル展」もやっている。
神戸では「オルセー展」
8月に巴里に行った時、オルセーが定休日で見れなかったので
とっても楽しみ。


そんな美術展・三昧のこの時期にピッタリの
本があるのだ。
はい、コレッ♪ 『 失恋美術館 』
筆者は脚本家の内館牧子さん。


あ、別にあたしが失恋したわけぢゃあないっす。
カッコイイ・江戸ッ子の内館さんが
「失恋した人にとって、本物だけを見る時間は
とても必要なんじゃないかしら。」と日本全国の
美術館と、そこに生きる人々、作品たちの息吹・・・を
紹介している。


行ったコトのある美術館は、「そうそう!」と頷き
まだ見たコトのない作品や風景は、あぁ行ってみたいなと
思わせる空間と時間を感じる本だ。


諏訪北澤美術館の「ひとよ茸ランプ」が印象的で
見てみたいなぁ~・・・と思った、まさにその日
天保山の「アール・ヌーボォー展」で、ひとよ茸ランプがあったのである!
シンクロ!(シンクロニシティ:意味ある偶然の一致)


それから、アール・ヌーボォーの作品を見る度に
この本を思い出してしまう。
この本に掲載している美術館、いつか全部
廻ってみたいな~、海外に行かなくても日本でも
こんな美術館があったんだ・・・と思わせてくれるステキな本。
ちょっと、メランコリックな気分になる所もスキ。


みなさんは、最近どこの美術館に行きましたか?


【 本日のオススメ本 】


 失恋美術館  内館牧子


 角川文庫  定価520円


 bijyutu.jpg

【2006/10/15 19:09】 | エッセー | トラックバック(0) | コメント(4) |
外国モノ

食後の甘いチャイを飲みながら、知的なA子ちゃんが言った。


「 ヘミングウェイも、読んだコトない男の人って
 ちょっと、引いちゃうわぁ~・・・。」


うへーーーーッ!▲&%?


あたし、読んだコトないっす。
「 あぁ・・・、まぁ~。はぁーーー。」
曖昧な返事でごまかす、みどりんであった。


A子ちゃんはバツイチ。今は再婚している。
前のダンナも、今のダンナも知的だもんな。


あたしは「外国モノ」の本は、読まない。
なんでだろ? あまりキョーミがない。
小学生の頃は、世界の文学集「アルセーヌ・ルパン」は
夢中で読んだけど。


あ、でもちょっと前に男子友達がオススメと言って
一冊の外国モノの小説を買ってくれた。


短編が10本入っている
『 ゲイルズバーグの春を愛す 』


文庫本だけど読むのに、ごっっつ!時間がかかった。
まず文字が小さい。
いや別に、あtしがおじーちゃんではないけど
日本の芥川龍之介とか、太宰治とかの時代の小説って
ミョーに文字が小さくて、ギッシリ詰まっているのだ。
何だか、息苦しいのである。ふぅー。


これも文字がギッシリ!
外国モノなので、時代や風景等、想像しながら読むのも
時間がかかる。
でも全体に、ノスタリジィな、メランコリックな
まったりとした雰囲気が漂っている。
日本の小説にはない、独特の空間イメージだ。


んー、あたしはやはり日本の小説がスキですが
今の季節に読むのにピッタリと思います。


【 本日のオススメ本 】


 ゲイルズバーグの春を愛す    


  ジャック・フィニイ ( 福島正実:訳 )


  ハヤカワ文庫   定価600円


  ※アマゾンで画像はありませんでした。
    本の表紙も独特の雰囲気っす・・・。
    少女マンガ風な、貴婦人の絵なのだ。

【2006/10/11 08:09】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |
オトナの椅子取りゲーム

みどりんの通勤時間は、片道90分だ。
通勤定期は、3枚ある。
バス ⇒ JR ⇒ 地下鉄 ⇒ 社バス(注:1)


時々、間違えて地下鉄にJRの定期を突っ込んで
「バコンッ!」と自動改札のフタに、ブチ当っていたりする。ふぅ。


注1:社バスというのは、駅から離れており不便なので
   駅から会社までの送迎バスのコト。
   会社のバスなので、もちろん無料っす。


朝は混んでいて座れない。
でも帰りは、始発駅からだから座れるの。ホッ。
でもさー、欲を言えば朝だって座りたいよん。


この本を、いつも寄っている丸善のレジ横で
見つけた時は、内心
「 おぉぉーーーッ?★!」


本のタイトルは
『 通勤電車で座る技術 』
本の帯には「毎日が椅子取りゲームなあなたへ!」


「技術」っていう言い方が、理系っぽくていいですなッ。
マニュアル本ぽくない♪
しりあがり寿氏の、激しい劇画タッチな絵が
内容を盛り上げてるッス!


内容は・・・・・
「技術」と言う呼び方に、ぴったし!
研究しつくされてます、ハイ!
すばらしい・・・。 


第3章「 降りる客を記憶せよ。」
洞察力&集中力を駆使し、降りる客の
顔、特徴、降りる駅名を覚えること。
ナント、巻末には「降客リスト」っちゅうページがついていて
書き込める様になっているのだ。アッパレ!


第1章「何番目までに並ぶと座れるか?」
そうそう!1~2列目は確実に座れるけど
3列以降はビミョーな時がある。
図解入り、着席率、平均%・・・等、理系チックな
コメント・説明で非常に解かりやすい!


作者は、ナニモノじゃ?!と思うでしょ。
東京の理系・サラリーマン男子デス。


自営業や徒歩通勤のヒトも
ゲーム感覚で読んだらおもしろいと思うよ。
馬鹿馬鹿しいなんて、言わないで。
ここまで極めた本は、ある意味すばらしいと感じる。


あたしは、この本をカバーをかけずに堂々と、
電車内で立ちながら読んでみよう・・・
座ってるヒトは、どんな反応するかしらん?と思ったが
勇気がなくて実行せず。
カバーつけて、コソコソ読みました。


【 本日のオススメ本 】


 通勤電車で座る技術   万 大(よろず はじめ)


 かんき出版  定価762円


 通勤

【2006/10/09 19:23】 | 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0) |
旅するお酒


今週は、お江戸(東京)日帰り出張、翌日は新潟出張に
行ってたので、ブログ更新は久し振り。
みなさん、お元気でしたか?


新潟は生まれて初めて、足を踏み入れる地。
周囲のヒト達は、「とにかくお米とお水とお酒がオイシイ!」と言う。
ふぅむ。
あたしは出張に行く時、持って行く本は拘るのだ。


お酒かぁ~・・・
コレにしよッ!
ちゅうわけで、新潟のお供に選んだ本は
俵万智さんの 『 百人一酒 』 


万智さんがサラダ記念日で一世を風靡した時は
高校の先生。小柄で童顔。関西出身なので
親しみも湧くし、とにかく「かわいらしいヒトだなぁー。」という印象だった。


十数年後、朝日新聞のエッセーで
彼女が、大酒豪だと知った時はソリャー驚いた。
でもギャップがあるのが、いいのかもね。


この本は、万智さんが大スキなお酒に
まつわるエッセーがテンコ盛り。1回が2ページなので
サクサク読める。


うぅむ・・・。身体がアルコール漬なぐらい
飲んでらっしゃいますな。


残念ながら、みどりんはアルコールは弱い。
カクテルや、ワインをちょっとだけ。
新潟では、日本酒は飲まなかった。


でも帰りの新潟空港で、万智さんが
絶賛していた「 八海山 」 というお酒を発見★
「 お一人様・一本限り 」
むむ・・・!
あたしは二本必要なのッ!
後輩男子に、一本とお札を握らせ
買ってもらった。
二本入手。ふぅー。


一本は、両親に。もう一本はお世話になってる会社の先輩で
飲んべえのY氏に贈呈。


【 本日のオススメ本 】


 百人一酒  俵 万智


 文春文庫  定価457円


お酒

【2006/10/06 08:09】 | エッセー | トラックバック(0) | コメント(4) |
今月の本・大賞

今日から神無月。昨日、書けなかったけど
9月度の【 今月の本・大賞 】の発表でっす。


今月の購入本は、19冊
(1冊は、お友達へのプレゼント♪含む。)
今月の購入金額は、¥18,859 (税抜き)


大賞は、コレだッ!
【 仏像のひみつ 】


みどりんは、会社で「仏像倶楽部」に入っている。
会社の後輩に、すすめられたのだ。(←活動していない。)
部員は全員で、5人らしい。(←活動してないから。)


でも関西人。そこらじゅうに、仏像・お寺・寺院はある。
特に京都の、三十三間堂がスキ。
渋みを含んだ鈍く光る黄金色の仏像が、ズラーっと並び圧巻だ。
お顔も、柔和な人や、「ふふん、お見通しよ。」って、ちょっとやんちゃ風な人
厳しそうな人・・・・など、様々で見ていて飽きない。


なので、この本を見つけた時は、
仏像倶楽部の隊員として
血が騒いだのだ。(←活動してないくせに。)


中身はね、かわいいイラスト&全ページ仏像はカラー写真。
★仏像さんのヘアスタイルの由来&変化。
★千手観音の手が持っているものバリエーション。
★木の仏像の作り方講座、くりぬいたり、割ったりの図解あり。
★ナント! 仏像さんのx写真も掲載!中にいろんなものが入っている!


日本人なら知っとかなきゃー、
っちゅう内容がテンコ盛り!
素直に楽しめる本なのだ。
外人のお友達にも、説明できるしね(外人の知合い、いないけどさ。)


この本を読んだら
みんなも仏像倶楽部に入会したくなるから♪ 


今度の休みに、京都に行こっかなぁ~。


【 本日のオススメ本 】


 仏像のひみつ   山本 勉


 朝日出版社   定価1400円


 仏像

【2006/10/01 19:06】 | 今月の大賞 | トラックバック(0) | コメント(3) |
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

09 ≪│2006/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。