みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
今月の本・大賞★

今日で4月も終わりですね。
みなさんGWは、いかがお過ごしですか?
あたしは、暦通りなので明日とあさっては出勤なんです。


恒例の今月の本・大賞の発表です。
今月の購入数は、12冊。
今月の購入金額は、12792円。


今月の大賞はこちらッ★
黒木瞳さんの 『 恋のちから 愛のススメ 』


「なぁんだ、ゲーノージンの本じゃん。」と思った方
まぁ最後まで、みどりんの話を聴いてちょうだい。


偶然、本屋さんで平積みされているのを見つけたんです。
ピンク色だから、目立つよね。


「 おッ! 」


あたしは手にとって、本の断面(厚み)を見て
惹かれましたがな。
色とりどりのグラデーションになっていたのだ。
つまり、中身のページが色とりどりの紙なの。


ゲーノージンの自伝エッセイだったら、買わないさ。
この本は、黒木さんが書かれた「五行詩」。
短歌や俳句ではなく、五行詩。
文字通り、五行の短い詩。


昔の恋の記憶、切なさと断ち切れぬ思い、
結婚、愛しい娘さんへの思い、母の強さ・・・。


ノスタルジィなメランコリックな、音色が漂ってくる。
印象派の風景画を思わせる、
優美でふくよかな言葉たち・・・・。


五行で、これだけ表現できるんだね!


あたしも心のひだに、溜まった思いを
表現してみようかなぁ~。


新緑を迎える、今の季節にぴったりの1冊です。
GWに読んでみてね。


【 本日のオススメ本 】


 恋のちから 愛のススメ   黒木瞳


 ニッポン放送  定価1300円


 愛のススメ

スポンサーサイト
【2007/04/30 19:04】 | 今月の大賞 | トラックバック(0) | コメント(4) |
みどりんはミドリさん

ちょっと歳の離れた、お友達・税理士のOさん。
あたしが本好きなのを、ご存知なので最近は
逢う度に、本を下さる。
ちなみに文房具スキ~、
クリアファイル・マニア~って書いたら
クリア・ファイルも下さる。
とっても、いい人だ♪


おとついOさんに逢ったら、4冊も本を下さった。
ありがとうございますッ★☆★
その中で、いちばん惹かれたのがコレ!!


『 ミドリさん 』


そう、あたしと同じ名前のミドリさんが
主人公の4コマ漫画♪
オトナになってから、漫画よむの久し振り・・・。


小学生の時は「なかよし」という少女マンガが大好きだった。
ちなみに姉は「りぼん」派。
みどりんの当時の毎月のおこづかいは500円だった。
「なかよし」の発売日に500円を握り締めて
380円でなかよしを買い、後はアイスクリームを買っていたなぁ。


つまり・・・一瞬で、1ヶ月のおこづかいが消えるわけ。
でも満足だった。
あとの29日間は、0円で過ごしていたんだよねぇ?
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・
何かいまの生活を
見直そうぜ、自分・・・って気分だ。うぅむ。


で、頂いた「ミドリさん」は、28歳の働く主婦。
ダンナは22歳。
会社で新人クンを注意するミドリさん。
でも、ダンナと同じ歳なんだと気が付いたら
「だから、なんだ、そのー、がんばれよ・・・」と
思わずオネーサンしちゃっている。
微笑ましいエピソードが多いッス。


4コマ漫画ってさ、起承転結で表現するから
高度な技だよねぇ・・・~、よく考えたら!?
小さいときは、長谷川町子さんの
「サザエさん」と「いじわるばあさん」の4コマ漫画
大好きだったけど。
みなさんは、どんな漫画を読んで育ちましたか?


【 本日のオススメ本 】


 ミドリさん   秋月りす


 竹書房  定価600円

【2007/04/29 19:19】 | 漫画 | トラックバック(0) | コメント(3) |
王子さまに逢いにいこう

ガラゴロ・・・・。
キャリーケースをガラゴロしながら、お江戸出張に向かう
新大阪駅の構内。
本屋さんが目に入った。
本屋さんを見ると、素通りできない体質のみどりん。。。


「出張で読む本は持ってるけどさぁ~・・・・
 ちょっとだけ、いいよねぇ~?」
誰に言い訳してるんだ、あたし。


ガラゴロ、本屋さんを巡回。


あ・・・・・。


「星の王子さま」が平積みされていた。
去年、版権が切れて以来、すごい勢いで各社
新訳で出版されていますよね。


たしか、お家に2冊あったはず・・・・。
でも新訳よみたいし。
でも買って読んでない本が、37冊たまってるけど・・・
いいよね、買っても・・・?
誰に聴いてるんだ、あたし。


買っちゃった。


同じ本を読んでも、読む時期、環境、立場、年齢によって
響いくるものが全く違う・・・!と思いませんか?


今回の星の王子様は、うんと丁寧にゆっくり読んだ。
あたしも知らない間に、
「 数字のすきなオトナ 」になっていたんだなぁ・・・。


王子様と、お友達になったきつねが言う
「いちばん、たいせつなことは、目に見えない。」は
あまりにも有名だけど、それ以外の哲学的な真理が
たくさんあるんだな、と今回気がついた・・・。
10年後に読んだら、また違う印象や感動、思いが
あるんだろうな・・・・。


この本を読んでから
夕焼けや朝焼けを眺め、
星の瞬きに耳を澄ます様になった。


携帯の電源を切って、
うんと丁寧に読んでほしい本です。


【 本日のオススメ本 】


 星の王子さま 
 サン・テグジュペリ (河野万里子・訳)


 新潮文庫   定価476円


 星の王子さま

【2007/04/22 16:57】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(2) |
お江戸まで、みにいこう

週に4回、立ち寄る本屋さんの平積みコーナーで
そこだけが、ボコンと背が低かった。
つまり、平積みされている本が、よく売れているってコト。
気になるー。なになに?
近づく。


おぉーーッ!★◎?♪


あたくし、0.5秒で、むんずとその本を掴み
レジに向かった。
中身をペラペラみる必要もないのさッ。


表紙とタイトルで、即・購入♪


その本は、BRUTUS
「 西洋美術を100%楽しむ方法 」


表紙は、優美さの中に凛としたしなやかな強さを感じる指先。
透き通る蝶々のような、オーガンジーの布。
高貴な模様の、書架台。


そう!東京国立博物館で開催されている
「 受胎告知 」が表紙なのである。
この1冊で、キリストの生涯が分かると
美術館は本当におもしろい!のキャッチコピー。


あたしは5月に、この受胎告知を観に行く予定!
先日NHKの日曜美術館でも特集されていたよ。
みなさん、ご覧になりまして?


西洋の絵画って、お花や天使にも意味を持たせてるけど
東洋のあたし達とは文化が違い、馴染みが薄いわけだ。
でも意味が分かると、そりゃーおもしろい♪


なぁぁるほどッ!


ポンと膝をうってしまう。


文化や歴史が違えば違う程、知る楽しさ&観る楽しさは倍増だ。
エル・グレコの劇画タッチな受胎告知や
アンジェリコの控えめな、しとやかな春の陽だまりの様な受胎告知も
紹介されている。


受胎告知は、ウフィッイ美術館でも「 箱入り娘 」
なかなか門外にはでないんですって。
そんな「 箱入り娘 」に、逢いに行こう!


【 本日のオススメ本 】


 BRUTUS (No・614)


 マガジンハウス   定価580円


 ブルータス

【2007/04/14 21:01】 | 雑誌 | トラックバック(0) | コメント(2) |
桜なヒト

みなさん、ちょいとご無沙汰しておりました。
1週間以上、空いちゃいましたね。反省。
週に2回の更新なのにさ。すまん・・・。


4月。
関西は先週末が見頃でしたが、どこにお花見に
行かれましたか~?


桜って、特別な花だと思う。


咲くのに、こんなに待ち焦がれる花はないと思うな。
蕾の時はちょっとドキドキしながら見守り
花が開き始めるとワクワクしながら眺め
満開になると、心が躍り
少しずつ花びらが、はらはら落ちる姿に切ない
美しい情緒を感じる。


「 はらはら、落ちる 」
この「 はらはら」 って、優美な響きだとつくづく思う。
英語やフランス語で、どう表現するんだろうね。


そして桜といえば、この作家でしょう!
宇野千代さん。


この方がデザインされた桜シリーズの商品
持ってるよ。
瀕死の状態だった見事な枝垂れ桜を蘇らせたのは
あまりにも有名。
一度、行ってみたいと思いつつ未だ行った事はない。


あたしは、ひとりの作家を好きになると、何十冊も読み集めてしまうが
宇野千代さんも、そのひとり。
特にエッセーがすき。
メチャ、やんちゃなんだなぁ~。この方!
キュートで、いたずらっぽくて、とにかくカワイイ。


4回、結婚されて、4回、離婚されてるの・・・。
すげー、パワーとエネルギー・・・・・。


えっと、1冊選ぼうと思ったけど無理でした・・・。
なぜなら、みどりん本棚の下段に宇野千代さんの本を
収納しているの。ほんでもって下段の前に、背の低いBOXを置いて
そこにも本が50冊程ギッシリ!


どう頑張っても、取り出せなーい。


ま、本屋さんに行って好きなの
選んで下さい(←おいッ!?)
あたしは小説より、エッセーの方がオススメ♪


【 本日のオススメ本 】


 宇野 千代さんのエッセー(文庫あり)



【2007/04/09 21:34】 | エッセー | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

03 ≪│2007/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。