みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
今月の本・大賞

今日で9月も終わり。明日から神無月ですね。
『 今月の本・大賞 』 の発表です。


今月の購入数:16冊。
今月の購入金額:¥23556


今月の本・大賞はこちらッ。
佳川奈未さん 『 ありがとうの魔法力 』
このブログを読んだヒトは、絶対にこの本買ってね。
業務命令っす(キッパリ!)


昨日、同僚の よっしー とNHK京都文化センター主催の
佳川奈未さんの講演会に行ってきた。


120名の募集だったんだけど、キャンセル待ちが数百名(!)
作家の講演会、イベントに行き慣れてるみどりんは
10時30分開始なので9時20分に到着する様に段取りした。
でもねー、既に4名並んでらっしゃいました。
余裕で1列目の中央席をゲット!!
みどりん隊長の言われるままに、着いて来たよっしー隊員は1列目に大感激★


奈未さんは2m程の至近距離!でお話して下さったんだけど
もぉ、みどりん隊長も、よっしー隊員も前のめりッ!
磁石に吸い寄せられる砂の様に、惹き込まれてしまった。
奈未さんは神戸ご出身なので、早口の関西弁トーク炸裂ッ!
専業主婦で3人の息子さんを抱えて、リストラされた時の話や
来春、日本人としては初めて(!)アメリカ・カーネギーホールで講演される話
の時は感極まって涙されていた。あたしも思わずもらい泣き。グスン。


もう笑ったり、泣いたり、大忙しの奈未さんですが
共感できるんだ。
『共感力』 って大事やわ。ビジネスでもレンアイでも。
共感力がないと応援しよう、一緒にいようって感じないもの。


講演終了後、ひとりずつ「奈未さん直筆メッセージ色紙」を
手渡し&握手コーナーがあった。


「あの~、去年のリッツのディナーショーに行きました。
またお逢いできてウレシイです♪」
って伝えたら、奈未さん何て言ったと思う?


じぃ~と、あたしの顔をご覧になり
「あ、着物 きてたヒト?」


「は、はぁいッ~。そ、そ、そうですぅ~ッ!」


「ビジンやから覚えてるわ。」


覚えていいて下さって、みどりん大感激。グスン。
傍にいたスタッフさんと、よっしーもビックリ。


フフ。なんか自慢話して、ごめんあそばせ★☆★


本の説明してないっちゅうねんッ。
でも、この本で救われたんだ。あたしは。
発売して3週間だけど、既に3回読んだ。
発売して2日で重版になってたのにも納得ッ。


【 本日のオススメ本 】


 ありがとうの魔法力  佳川 奈未


 PHP文庫  定価476円


 魔法



 

スポンサーサイト
【2007/09/30 19:38】 | 今月の大賞 | トラックバック(0) | コメント(6) |
階段好き

過去にも言いましたが、あたしは美脚だ(キッパリ)
いきなり自慢から始まった今日の図書日記。
ナゼ美脚かというと「階段」のおかげっス!


母は2歳のあたしを毎日2㌔歩かせたそうだ(本人の記憶ナシ)
もちろんオムツは卒業済み。
てくてく・トコトコ歩く習慣を身につけてオトナに成長したので
エスカレーターは基本的に使わない。とにかく、ひたすら階段。
会社のは自社ビルの6階建て。2階が事務所で4階が更衣室なんだけど
2階⇔4階の移動に、エレベーター使うヒトがいるんだ(怒)
電力の無駄使い&美容の敵やっちゅうねん。


今日は、そのお世話になってる階段サマの本を、ご紹介します。
INAXさんのショールームで購入した、こちら♪
『 階段物語り 』 


毎日あたりまえに上り下りしてる自宅や、駅や、会社の階段。
その階段の歴史や用途を写真と、あまり読みたくない程
小さい文字いっぱいの文章で紹介されている。


繊細と可憐な曲線を描いた、そっと指でふれたくなる程のアール・ヌーボーの階段。
古代ギリシャ劇場の階段。
ストックホルム美術館の流れる様な階段。
国立バクテリア研究所の優美なディティールを描く階段。
日本の神様が10月に大集合する出雲大社の階段・・・・。


上る・下るという目的と機能は共通だけど、これだけあらゆる
形状、美意識、ディティール、想いで創られたんだ。
今度、どこかにお出かけしたら階段を意識してみよおっと。
ちょっと視点や、思考を替えてみるだけで新しい発見があるはず。


『映画の階段』 『ルネサンス絵画に見られる階段の表現』など
内容も盛りだくさん。


ちなみに、みどりんが日本でイチバン美しい階段だと感じるのは
東京国立博物館内にある、明治建築の表慶館。
今年のお正月、改修工事が終わった記念で公開していた時に初めてみた。
アール・ヌーボーの流れる様な手摺と、天井からの自然光に乳白色の壁が
控えめに輝いて、息をのむくらいに美しい。
何十年も歳を重ねてきたモノ独特の、切なさとピュア・エネルギーを感じて
愛しく思えたのだった。
思わず、手摺を撫でてしまったもの。


5月に「受胎告知」を見に行った時に寄ったけど、階段は立ち入り禁止だった。
一般公開は期間限定だったんだね。残念。
でも、柵からちらっと見えるので、お江戸に行かれたヒトはぜひご覧下さいな。


明日もはりきって、階段を上ろおっと♪フフ。


【 本日のオススメ本 】


 階段物語り   


 INAX出版   定価1400円


   

【2007/09/24 18:41】 | 歴史 | トラックバック(0) | コメント(0) |
3年振りに名作を読む

同じ本でも、読む時期、環境、気持ち・・・・によって全く印象が違う。
ある本を初めて読んだ時は「ケッ、ペッ、チッ」と思ったけど
1年後に再び読んでみると「おぉぉ~!?★♪!」
目からウロコ&コンタクトレンズ落としそうになった。


宮本輝さんの 『 錦繍 』 は3年前の秋、同僚のよっしーに借りて読んだ。
初めは 「く、く、暗いぜ・・・ッ。」と思ったけど。


3年たち、確実に様々な経験をし、オトナになった自分。
やはtり夢中で、前のめりになって読みふけった。
設定が関西だから親しみも沸くけど、ヒリヒリする程の切なさ、痛み。
過去、現在、未来を行きつ戻りつしてる感覚。
コトバに出さない情感。
風のにおいや、星空の音色まで、聴こえてきそう・・・。


相変らず、名作だわ・・・と、グスンと涙をぬぐいながら
通勤電車でつぶやくみどりん。


この小説、東京で舞台上演されたらしい。
ど、ど、どーやって表現したんだッ!?
殆んどが、別れた夫婦の往復書簡なんだけど。。。。
あたしは基本的に、小説のドラマ化・舞台化・映画化が好きじゃないので見ない。
だって原作とかけ離れ過ぎて「コラ~ッ!」「おいッ」と思ってしまうから。
でも、この錦繍の舞台化は、ちょいと興味あります。


この小説も、やはり年齢を重ねてからの方が読み応えあると思う。
オトナになるって、感情やココロのヒダが増え熟成された
ワインの様に味わい深くなるから、いいもんだ♪


こーゆー素晴らしい細胞が喜ぶ小説を、たった¥438で
読めるなんてスゴイことじゃないだろうか?!
ちなみに 「 新聞も本も読まない社会人 」 は、
あたしは友達にはなれん。話ぐらいはするけどさ。


【 本日のオススメ本 】


  錦繍      宮本輝


  新潮文庫   定価438円 


  錦繍
  


   

【2007/09/20 12:45】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(2) |
コムスメが読む本ぢゃないだろ

3連休いかがお過ごしですか?
みどりんは、土曜日は京都でお勉強会、日曜日は神戸の塾に行ってました。


今日は6時起床で、本棚が届く準備をしていたのだ。
年間120冊増え続ける本達・・・。
そして、とうとう本棚が破壊してしまった。。。
放置するコト、4ヶ月(←コラ!)
念願の本棚・購入!
ウレシイから言っちゃおう。サイズはね、間口900mmで高さは1800mm。
デカイぜッ★♪!


会社の前の部署で鍛えられてるので、組み立てはオテノモノ♪
30分で完成。ふふん。
カナヅチ、ドライバーは得意っス。
破壊した棚から本を取り出したんだけど、いちいち感慨深いな・・・・。
ひとりの作家にハマると、そのヒトの作品を20冊~30冊
スート-カーの様な勢いで読んでしまうから。
そっか~、10年前はこのヒトの本に夢中だったなぁ・・・。
そして会社では、もう退職したけどあの子と仲良かったなぁ~。
あたしの場合は、本と、その時代の思い出がワンセットだ。


整理しながら、目についたのがこの本。
『 料理と器 立原正秋の世界 』


シ、シ、渋すぎる。。。。


この本を買ったのは、確か24歳ぐらいだったはず・・・。
まだまだコムスメ・・・やろッ。
ハードカバーで立派な装丁。お値段もご立派¥2500
立原正秋氏のご長男が出版されてるんだけど
いやぁ~、改めて背筋がシャンッ!と伸びる本ですな。


和食の慎ましさ、凛とした静寂の中の強さ、品のある佇まい・・・。
ガサツなあたしも、思わず正座をしてしまった。


こーゆー本は、今だから楽しめる。
オトナになるってコトは、色んな感情のヒダが餃子の様に
折り重なり、味わい深いもんだ。


あ、ここで業務連絡!
処分する本が70~80冊ありますの。
どなたか、いりません?
全部もらってとは、言いませんがな。
本ソムリエのみどりん
あなたに合わせた本を、テキトーにみつくろってお贈りします。
どんな本が届くかは、後のお楽しみ♪ イヒヒ。。。

【 本日のオススメ本 】


 料理と器 立原正秋の世界   立原潮


 平凡社  定価2500円


 立原

【2007/09/17 21:00】 | グルメ | トラックバック(1) | コメント(8) |
お江戸の親切なヒト達

先週、お江戸の台風はすごかったですね。
みどりん、お江戸でセミナー受けておりました。
台風一過の翌日、向かったのが「吉祥寺」
何十回も東京出張に行ってるけど、吉祥寺に行くのは2回目。


右手には 『 東京てくてくすたこら散歩 』
雑貨等のスタイリングをされてる、伊藤まさこさんという方の本デス。


みどりんの目的は、17ページに掲載されている
「トムズボックス」という書店。
業界では有名な絵本編集者・Aさんが経営されている本屋さん。
翌々日の日曜日に、そのAさんの講義を神戸で受けるので
どんなお店か興味あったんだ。


さて、地図をみながら探したけど、方向音痴じゃないけど
地図が簡略化されていて、ちと解らない・・・。
うーーーん、近くまで来てるはずなんだけど・・・
たまたま、店外にいらしたカフェのお姉さんに聴いてみた。


「うーーん、アバウトな地図ですねぇ~・・・。詳しそうなスタッフを呼んできますね。
B子さん、今いいですか?」
B子さん登場「うーーーん、ワカリマセン・・・。」
最初のお姉さん「じゃ、このお店に電話して聞いてみましょう!」
と、爽やかに店内に入ってしまった。


「えぇーー!?電話なら自分でしますよぉぉ~!!」


1分後。お姉さんは戻ってきた。
「その角を右に曲がり、タバコ屋さんの角をまた右に曲がった所だそうですよ。
行ってらっしゃ~い♪」
お姉さんとB子さんは、ニコニコしながら手を振って見送ってくれた。


みどりん、大感激ッ☆★☆
伝わるかしら?この気持ち!


あたし、カフェ利用してない、ただの通行人なんだよ。
電話までかけて下さるなんて。


あたしも地元関西はもちろん、東京でもしょっちゅう道を尋ねられる。
どうやらシティガール(←死語だろ)に見えるらしい。フッ。
親切にお教えしてるつもりだけど・・・・・・


まだまだ・・・だッ。


よーしッ、今度道を尋ねられたら、うんと丁寧に教えよう。
ほんの短いやりとりだけど、対応次第で出張や旅行で訪れた
その土地のイメージが確実に変わるから。
吉祥寺のイメージ、めちゃいいっス。


あ・・・、本の中身の話、全然してないよね?
でも、いいの(おいッ!?)
今回は、カフェのお姉さん達のエピソードをお伝えしたかったんだ。
ありがとう、お姉さん達。
そのカフェの場所を知りたい方は、ご連絡してね♪


素敵な出逢いと経験をくれた、この本に感謝。
ありきたりのガイドブックじゃないです。


【 本日のオススメ本 】


 東京てくてくすたこら散歩   伊藤まさこ


 文藝春秋   定価1143円


 すたこさ散歩


【2007/09/12 12:40】 | お出かけ&旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
せいちょーブームは、まだまだ続く!

ひとりの作家に、ハマると10冊も20冊も30冊も
読み続けてしまう、あたくしデス。
今は「せいちょーブーム」の真っ最中!
松本清張センセイの「わるいやつら」を愛読中。


ナント!この小説40年以上前に書かれている(ひゃー)
現在あたし達があたりまえの様に使用している携帯電話は、もちろんなく
公衆電話がよく登場する。


じれったい所がいいんだよね。
公衆電話で必死に連絡をとったり、電話を待ち焦がれる女性が
相手を責めたり・・・・。いいね~いいねぇ~、やっぱりこうでなくっちゃ。


いちばんビックリしたのが、
青森から東京に電話するのに20分もかかるのだ(!)
交換手がいて、お互いを繋いでくれるらしい・・・・。
想像しにくいな。。。


40年前だけど、すごく新鮮さを感じる。
母親に聴くと「ママも大学時代は、大阪から実家の島根に繋がるのに1時間
かかったわよー。20分なんて早いわ~。」と言っていた。
自分の母親も、こうゆう状況を経験してたんだ・・・。


うーーーん、いまの携帯で、どこに居ても誰でも、瞬時に繋がるなんて夢みたいだな。
ま、その分 情緒はなくなったけど・・・・。


で、いまは下巻の半分まで読み終わったところ。
読み終わってないのに紹介すんの!?とクレームがきそうだけど、いいのさッ。
こんなスリリングで、前のめりになる小説って久しぶりだから
みんなにも早くお知らせしたかったんだ。
ま、あたしの愛ですな。(←おいッ!?)


まだまだ続くよ、清張ブーム!! フフ。


【 本日のオススメ本 】


 わるいやつら  松本清張


 新潮文庫   定価705円


 わるいやつら

【2007/09/05 12:46】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(2) |
今月の本・大賞★☆★

昨日で8月も終わり、今日から9月ですね。
みどりんは、夏が大好きなので、ちょいと名残惜しいっス。
つくつくほうし、夕立、線香花火・・・・過ぎゆく寂しささえ、スキ、夏。


8月の本・大賞の発表デス。
今月の購入数:25冊。
今月の購入金額:29319円


うーーーーーん、今月はちょいと買い過ぎだぞ。
プレゼントも多いけど。
5000円の図書カード、1回で使い切ってしまったもんなぁ~。
8月は「絵本展」があったせいか、絵本気分になって
たっくさん買ってしまった♪
出産祝い、お見舞いも絵本にしたの。


8月の本・大賞はコチラ☆★☆
『 セーラーとペッカ、町へいく 』
はい、この本は絵本です。
日本を代表する絵本作家・荒井良二センセイが大絶賛していたの。
「ふぅむ、そんなにいいなら買ってみるべー。」と思ったんだけど・・・・・・


驚いた。


1ページから、半裸のオッサンが登場する。(←主人公)
ブサイクな犬が相棒。
しかも、タトゥー(刺青)を入れるシーンがあるのだ!
子供には、イカンやろ?
突然登場するピエロはナンナンダ!&%?


でも、魅入ってしまう。ナゼだ?


なんなんだよ、この絵本。。。


「それが、どーした!?」
「なんでやねーーんッ!」
「おいッ?!」
「オチないんかい~~。」
いちいち、突っ込まずにはいられない!


あっという間に読み込んでしまう。
で、もう1回読んでしまう。


へんてこりんなのに、キュートさを感じ、親近感がある。
関西人としては、いちいち突っ込んでしまうんだけど
何気ない日常がいいんだろうなぁ。
完璧過ぎるよりブサイクな方が、愛着が沸くのか?


これって子供向けじゃなくて、オトナが夢中になると思う。
個人的には、お夕飯の晩酌後、明日を気にしない
金曜日の夜に読んで欲しい絵本だ。


シリーズ5冊でてます。
スウェーデンからやってきたんだよ。


【 本日のオススメ本 】


 セーラーとペッカ、町へいく  
 ヨックム・ノードストリューム


 偕成社   定価1300円


 ペッカ
 


【2007/09/01 21:28】 | 今月の大賞 | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

08 ≪│2007/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。