みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
りりしい・あさたろう

毎日かかさず持ち歩いてる本がある。
付箋を貼り、アンダーラインを引き、インデックスも付けた。
朝の通勤は、小説やエッセー、女子本を読んでも
帰りの通勤電車は、必ずこの本を読む。


みどりんにとっては大切な「ビジネス本」だっ。(キッパリ)
どんな役に立つビジネス本かというと!
『 飯野和好と絵本 』


・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・
・・


そうッ!絵本作家・飯野和好さんが書かれた、絵本制作に関する
ありがた~い本なのデス。
みどりんにとっては、大事なビジネス本なのである(キッパリ)


え、キョーミない?


ちッ、ちッ、ちッ!
飯野センセイは、朝日新聞・朝刊の連載小説の挿絵を書いてる
すんごいエライ・センセイ。
(ご本人は、吉本芸人みたいだけど。。。。)


絵本ってさ~、ストーリー創りが、すんごく大事。
自分でも1冊作ったから解るけど、2作目を創ってますが、生みの苦しみ。
関西人としては、オチも重要。何をメッセージとして伝えたいか・・・等
マインドマップでまとめ様としてるけど、まとまらん。


そんな時、出逢ったのが、この本。


現実を観察しゅる事から生まれるストーリー創り
日常に遊び心を持ったキャラ設定、
下書き以前のコンテのの重要さ、
ページめくりのヒントは映画にあり・・・etc
目からウロコ・目からコンタクトレンズ落としまくりッ!の内容だ。


えー、ちなみに
「 人間の顔は、
  魚・鳥・けもの・野菜の4種類に分けられる。」そうだ。
会議や電車で、人のお顔を、ジィィィーーーとついつい見入ってしまう
みどりん。


毎週日曜日、神戸の「絵本塾」に通ってるんだけど
昨日の授業が飯野センセイだった。
みんなの前で発表したり、センセイに評論してもらうのってすんごく大事。
自分の作品だけではなく、他の人の作品のアドバイスも
うんうん!なぁるほどぉぉッと、首をブンブン縦に振って納得しまう。


絵本創りって「客観的な視点」「いかに俯瞰でみれるか」
ポイントだと思う。
日常生活でもね。


あたしは、ドライ・冷た過ぎるとミホちゃんに言われる程
客観的な女子です。
だから絵本創りは、向いてると思う。フフン。
ちなみに、同僚のNちゃんは、まーーーたっく!周りをみてないオンナだ。
客観的・視点ゼロ(キッパリ)
なので、あたしはNちゃんを鳥のキャラにしてやった。
かなりヒドイ・キャラなのに彼女は喜んでいた・・・・・。


2作目の絵本できたら、みなさん見て下さいねー。


【 本日のオススメ本 】


 飯野和好と絵本   飯野和好


 美術出版社   定価1995円


  あさたろう


スポンサーサイト
【2007/10/29 12:52】 | ビジネス書 | トラックバック(1) | コメント(4) |
手帖の季節がやってきた

秋の風物詩といえば・・・・・紅葉、もみじ、焼き芋、モンブラン、栗ゴハン


そして・・・・手帖だッ。


本屋さん、文房具屋さんで「手帖フェア」が開催され出しましたねー♪
システム手帳派、ノート型、パソコン管理型・・・etc
色々ありますが、みなさんは、どんな手帖を使ってますか?


あたくしは、システム手帳派デス。えっへん。(←ナゼ、いばる?!)
ずーーっと、シャネルのミニ5穴を使ってたけど、今年から
システム手帳の王道・ファイロファックスのバイブルサイズに買い換えたのさ。えっへん。


買い換えて、ひとこと。。。
大きい事はいいコトだ!


あたしは文字がデカイくせに、ミニ5穴にちまちま書いてたんだけど
バイブルサイズになって、のびのび書ける様になった。
ちなみに、大阪でも買えるのに、銀座の伊東屋で買ったのだ。えっへん!えっへん!
イニシャル入りよ、ふふん。


来年は、どーしよっかなぁ~・・・と思案中のあたしに、地下鉄の吊り広告の文字が
とびこんできた。
「日経Associe・決定版 手帳活用術」


おぉーーー!?本屋にダーッシュ♪
立ち読みするつもりが、付録につられて購入。
業界人、お馴染みの有名人など、他人の手帳の中身や、使い方が
掲載されてるので、すごーーく参考になる&オモロイ。
へぇーーー。こんな使い方もあるのねん!と
目からウロコ&目からコンタクトレンズ落としそうになったり。。。


ちなみに。
手帳は毎年、表紙ごと買い換えた方がいいそうだ(風水・李家幽竹センセイ曰く)
はっきり言って、ファイロファックスお高かったんだけど、
大好きなんだけど、ちょいと飽きたし。


今年は、美容家の田中ユクコさんや、百ます計算でおなじみの蔭山先生
大好きな小悪魔作家の蝶々サマ・・・・etc ますますいろんな方がプロデュースの
商品がテンコ盛り。


うぅ~~、迷うジャン。
営業世界No.2の和田裕美さん、李王朝の風水師・李家幽竹さん
プロデュースの手帳、どちらを買うかお悩み中。
(多分、両方買うんだろうなぁ~ あたし・・・)


東大Ⅰ文に合格しTOETC975点を獲得した「田村くん」が勉強方法を
指南する「合格手帳」なんてのもあるそうだ。


【 本日のオススメ本 】


 日経Associe 「決定版 手帳活用術 」11.06号


 日経BP社   定価670円


【2007/10/22 12:51】 | 雑誌 | トラックバック(0) | コメント(2) |
秋の京都ではんなりと・・・

神無月。この頃になると、なぜか京都に行きたくなる・・・。


なりませんか?


なるよねッ!?(強引だな)


頬に当たる風が、心地よい季節になると、京都に行きたくなる。
きっと日本人のDNAに組み込まれてるんだと思う。ふぅむ。
でも秋の京都は春の京都より、ヒトが多い。なぜッ?


きっと3連休が多いからだろうなぁ~・・・。
先週2日連続でBSで、京都庭園特集をやっていた。ご覧になりまして?
そんな、しっとりした京都に行くお供には、こちらの本をどうぞ♪


『 京都の恋 』 美貌の黛まどかさんの句集ですわ。
京都独自のゆっくり回転する時間、高層ビルがないせいか近く感じる青空、
切ないほど静寂な庭園・・・・集春夏秋冬に分かれて、艶やかな文字が並ぶ。


庭園の蹲の横に、凛とした艶のある明朝体の文字。
そして、その下には流れる様な英文字・・・・。
そう、日本語と英語で句が掲載されているのだ。


例えばね・・・


「 逢えぬ日を重ねて古都の月あかし 」


 days have passed since I ast saw you・・・
 kyoto’s glowing moon


う、う、美しい~。はかないものは美しい。
花も恋も、散る・・・終わりがあるから甘美なのだ・・・と
最近ようやく悟った、みどりんである。


よっし、今月は京都に行こう!


あ、この本は 山本健吉文学賞を受賞されてます。


【 本日のオススメ本 】


 京都の恋   黛まどか


 PHP研究所   定価1600円


 ※残念ながら、アマゾンでは画像はなし!ちぇッ。


 

【2007/10/15 12:46】 | 対談 | トラックバック(0) | コメント(0) |
デッサンの力

本棚を整理し、処分する本が100冊近くあるというのに、
買ったけどまだ読んでない本が、36冊あるというのに、
まだまた数冊、本を購入してしまった・・・もうビョーキだね(開き直るッ)


会社帰りの駅ビルに本屋さんで 「秋の絵本フェア」 があり
ふらふら~と夢遊病者の如く、吸い寄せられてしまったんだもの。
いつか、1冊は必ず買おう!と思っていた
酒井駒子さんの本を発見!


この方の描く絵って、小さい頃、憧れた甘い砂糖菓子や綿菓子の様に
ふわふわ、心地よい。
でも決して、ありがちな「くまちゃんでしゅ」「うさちゃんでちゅ」的な
「ほれ、カワイイでしょー?」という
押し付けがましさは一切ないんだよなぁ~。


なぜに?と思いつつ、買ったばかりの 「きつねのかみさま」 を読んで
みどりん気が付いたのだった。


デッサン・力だッ!


きつねが、縄跳びで遊んで跳びはねる姿、しっぽのフサフサがひっかかって
転ぶ姿、主人公りこちゃんの揺れる髪、躍動感溢れる弟の脚
きつねの腕の角度、・・・・。
すごいデッサン力なのだ。


暖かみのあるタッチと、そよ風の様に優しい雰囲気が漂うけど
何千枚も何万枚もデッサン&スケッチした人が
描いたからこそリアリティがあるんだ、と思う。
ただ単にかわいいだけの、きつねじゃない。
酒井さんのプロフィールを見たら、東京芸大・美術学部ご出身だった。
納得。。。。


あたしは19ページ目の、こぎつねが自己主張した時の強い目がスキ。
あどけない顔と身体に「えっへん!」という自慢げな想いと意志を
宿してるから。


油彩で描かれてるのかな?多分・・・。
懸命に縄跳びをしていた頃の純真な自分を思い出し
ちょいとセンチメンタルな気分に浸ってしまった。
純真な頃。。。ずいぶん遠くに来てしまったなぁ・・・。


絵本なんて幼稚じゃん!と思ってる方はもちろん
何か秋の夜長に1冊ないかしら・・・と思ってる方にも
オススメの1冊です。
濃い目に入れた、ミルクティーと一緒にね。


【 本日のオススメ本 】


   きつねのかみさま    


   作:あまんきみこ  絵:酒井駒子


   ポプラ社   定価1100円


   きつねのかみさま

【2007/10/08 19:21】 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

09 ≪│2007/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。