みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
今月の本・対象☆★☆
そして、あたしはビジネス書を読まなくなった。
そして、白玉あんみつばかり食べている。

・・・・・・・・・・・。

今日で太郎月も終わり。
では今月のまとめ、いきます。

今月の購入数 :8冊 (少なッ!)
今月の購入金額:¥10,301(安ッ!)
いったい、みどりんはどうしちゃったのでしょう?!


今年から「ちょびっとずつ本を買う」事にしたのである(キッパリ)
昨年までは新刊を見る度に「ぜぇぜぇ、はぁはぁ。」とコーフン状態でオトナ買い。
読むスピードと買うスピード・需要と供給のバランスが完全に崩壊しており
常に未読の本が35冊前後あった・・・・。

あかんやん、あたし。

今年から「ガマン」する事を覚えた。
「ほっしー!!」と思っても「家に1冊小説があったし。あれを読み終わってからね。」と
自分に言い聞かせている。
ま、こーなったのも「ガネーシャ」のおかげ。

え・・・?

ガネーシャ知らない?


ホンマですかーッ。

あかんわ、それ。アカンアカン!

今月の大賞で紹介しましょう。
ガネーシャが登場する本はこちらッ。
『 夢をかなえるゾウ 』

ふざけた装丁です。へんてこりんな象のイラスト。
なんやの、コレ?と思ってました。でも何故か気になっていた。
でも買わなかった。

去年の年末、尊敬する男子友達S氏と久しぶりに逢った。
この人、すっごく!メチャメチャよく話すんです。
3時間(!)丸福珈琲に滞在したけど、2時間53分はS氏がしゃべっていた。
つまり、あたしの持ち時間は7分(実話)

ちなみにS氏は歯科医師 兼 コーチングのコーチ。

「キミは、ほんまにコーチかぁ~!?コーチって聴き役ちゃうのぉッ?なぁー?」と
ツッコミそうになった時、彼は言った。
「もうビジネス書は、読む必要ないですよねッ。
 夢をかなえるゾウ、この1冊に全て書いてあるもの。」

そう!この本はS氏が薦めてくれたビジネス書。
彼がご自分のブログで、熱くッ暑苦しい程、語っていた。
S氏はリコメンド力があるので、即購入。

関西弁のゾウと平凡なサラリーマンの「ぼく」が登場する、小説仕立てのビジネス書。
慣れ親しんでる関西弁なので、するする読める。

うわッ!グサってくる。

そうそう!首がちぎれる程、ブンブン頷ずく。

ぷぷッ、おもろ過ぎ!

通勤電車内でひとりで笑っていたら変態サラリーマンと思われるので
血が滲むほど、くちびるを噛んでこらえた。うぐぅ~。

前のめりで夢中で読みふけった。
裏打ちされたリアリティは、こちらの脳ミソ&細胞にジンジン染み込んでくる。

わたし達は、いくつのビジネス書や成功本と言われる類の本を読んだんだろう・・・。
その度に「よっしゃー!」「なぁぁるほどッ!やるでー。」と意気込んだ。ですよね?
あたしも、そしてあなたも。

でも、あれ?

いつも、いつの間にか、そんな気持ちも薄らぎ日常に埋もれていく。
変わりたいのに、変われない。もがきながら何かを求め続ける・・・・。
「 だから、成功せーへんねん。」
「 意識を変えるんちゃうんやで。」

あのマーケティングで習った事例も、あの大好きな女性作家がいってる事も
あの経営者のコトバも、人気があるカウンセラーのメッセージも
み~んな、この一冊に書いてある。示してある。

ガネーシャからの課題を、ひとつづつこなす主人公。
あたしも、こなしています。
そして、ラストは・・・、泣き笑い。
通勤の朝の地下鉄で、こみあげてきた。

「成功しても、せんでもええんやで。」最後に全許容して去っていくガネーシャ。
オトナ&ビジネスの世界にエントリーすると、色んなシーンで「値踏み」される。 
「特別な何かが無いと価値がない自分」に焦り、
幼児がプールでバタ足をするみたいに、もがく。
それでもええんやで。と、
ガネーシャに承認された気がした。


巻末に合計29個の課題が、まとまって掲載されてるのも気が利いてます。
「あー、おもろかった。メチャいい本やん!」で終わっちゃあ、ダメなんですね。
この課題を実践しないと、ガネーシャの言う通り「自分、2000%成功できへんで。」

同僚の”よっしー”は、1日最低4回はウットリした瞳で
「ガネーシャ好きやわぁ~♪」というセリフを発している。恋煩いみたい。
お友達の”ミキさん”も、ミクシィでこの本を紹介されていた。
「うんうん!わかるで、その気持ち。グスン。」と、またまた涙ぐむ。

もうすぐドラマになるらしいですよ。
ゾウのガネーシャが、着ぐるみなのかCGなのか気になる所だ・・・。


ちなみに「 白玉あんみつ 」は、ガネーシャの大好物なのである。

【 本日のオススメ本 】


  夢をかなえるゾウ  水野敬也

 
  飛鳥新社  定価1600円


  夢をかなえるゾウ
スポンサーサイト
【2008/01/31 08:12】 | 今月の大賞 | トラックバック(0) | コメント(6) |
歯医者さんに行こう
こんな手法もあるんだ~。
さっすが、五味太郎さん!
視点を、あっちこっち・ぐるぐるぐるりんこと万華鏡の様に変えるんだろうなぁ。

今日ご紹介する本は
『 わにさんどきっ はいしゃさんどきっ 』

みどりんは、お友達や知り合いに歯医者さんや歯科衛生士さんが
多いので、ついこの絵本を衝動買いしてしまった。
オトナになってもそうだけど「 病院 」の中で「 歯医者 」が
イチバン怖い・・・というイメージがある。思いません?

なんでだろう・・・?

やはり、あの音。。。?
あの独自の「きぃぃぃーーーンッ!」という
ヒステリックな甲高い音。緊張してしまう。

歯医者さんモノの絵本って、きっと「 歯医者は怖くないでぇ。」というメッセージを
伝えてるんだろうなぁ~・・・

でもッ

無理やで、そんなん!(キッパリ)と、イジワルっ子気分で、この絵本を立ち読み開始した。

あれれ・・・!?

予想外。


「 イタイ 」「 コワイ 」って、正々堂々と書いている!
しかも、この言葉を発してるのは「 患者のわにさん 」と「 人間の歯医者さん 」

患者のわにさんは「 歯科医院と歯医者 」に対して「 コワイ 」
人間のお医者さんは「 わに 」という動物に対して「 コワイ 」

おっかしいのは、見開きの左ページに「ワニさんが発するコトバ(セリフ)」
右ページは「お医者さんが発するコトバ(セリフ)」が書いてあるんだけど
両方同じコトバ!なんです。
ワニさんは明朝体。お医者さんはゴシック体の文字で表現してある。

同じコトバ(セリフ)で、お互いの心境・緊張・安堵・取組みが伝わってきて
とってもおもしろい構成。
こういう仕組み、取り組みができるのは
数百冊以上、絵本を出版してきた五味太郎さんならではだと感じる。
すーっと飲み心地のいいワインの様に、すーっと物語の世界に
安心して浸れる。

ビクビクしながら歯科医院に入ろうと思ってる、ワニのシルエットが
玄関のガラス扉に写ってるシーンが好き。何だか無防備だから。

「 やっぱり歯医者はコワイ 」「 もう来たくないもーん。」の結末。
それでも、ええやん!と何故か納得してしまう、みどりんは。

うーーん、でも
歯科医師や歯科衛生士のお友達が読んだら、どう感じるんだろう??

【 本日のオススメ本 】
 
  わにさんどきっ はいしゃさんどきっ

  五味太郎  

  定価602円(愛蔵ミニ版の場合。
  通常サイズは1050円)


  わにさんどき

【2008/01/28 12:36】 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
想い出した小説
どうして急にこの小説を想い出したんだろう・・・。
21.2歳のコムスメの頃、母の弟である叔父に
「この小説は青春時代に誰もが必ず読む小説だ。」と薦められたのが
石川達三 『 青春の蹉跌 』

今の高校生や大学生は「青春」なんて言葉を聞くと、ププッ!と
吹き出すんだろうなぁ~。
素直だったみどりんは、あまり好きではない叔父の言葉に従い読んでみた。

今日は、なぜか急に想い出した、この小説を紹介するのですが・・・・
当然、自宅の「みどりん本棚」からは処分されていて、無かった。
つまり、細かい描写や主人公の名前は覚えてない(←おいッ!)
えー!そんないい加減な紹介でいいの!?って声が聞こえてきそうである。

いいんです!(キッパリ)

だって、残っているんだもの。この小説。
記憶に薄っすらと、でも確実に覚えている。
年間200冊以上読むので、ドンドン忘れ去られる本もあるけど、シッカリ記憶に残っている。

内容は、経済的に恵まれてないけど、司法試験を目指す頭のいい主人公が
資産家の叔父の娘(つまり従姉妹)と婚約する。
でも大学生の彼は遊びで他の女子と付き合ってるのだが
その子が妊娠してしまい、結婚を迫られる。
ありがちやなーと思うでしょ?

司法試験を目指しながら資産家の嫁をもらい
「あっちの世界」に行こうとする葛藤、策略、想いを通り越した執念・・・。

でね・・・、彼は結婚を迫られて、絞殺してしまうのである。

「アホやん、そいつー。」と平成生まれの子は言うかもしれない。
でも、あたしが生まれる前の、あの時代の貧困や、ぐるぐる渦巻く階級社会。
追い詰められた若さゆえのはかなさ。
痛いほど伝わってくる。

えっと~、結末、言っていいですか・・・・?

結局、妊娠したのは主人公の子ではなく、他の男性の子であった・・・・。
つまり・・・殺す必要性は全くなかった・・・・という事。

背筋も凍るホラーの様な結末。
単にドンデン返しだけなら、こんなに記憶には残らない。
アマゾンのプレビューを見ていたら
「法律関係を目指す若い世代は、必ず読むべき小説である。」と年配らしき
男性が書かれていた。
うーーん、オトナになった今の自分が再読すれば、また新たな発見や
想いがあるのだろう。
同じ本でも、読む時期、環境、年齢等、受け取る側次第で
感じ方が大きく変わってくる。

もう一度、読んでみよおっと!

【 本日のオススメ本 】

 青春の蹉跌   石川達三

 新潮文庫  定価460円
 ※残念、アマゾンの画像ありませんでした~。

【2008/01/23 08:18】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |
もっと!本オタクへの道
去年、本棚が崩壊したおかげで、本達をかなり整理した。
100冊以上を色んな方に差し上げて、お友達はニッコリ。
みどりんもスッキリでニッコリ。

それから5冊買ったら、1冊は手放す様にしている。
買う時も勢いで衝動買いしない様に、吟味している。
そんな時に、本屋さんで目についたのがコレ。

『 本200%活用ブック 』

すごい自信やな~・・・。
200%だって!
100%の倍、満足させるって事か?
今でも、かなりの本・おたくのワタクシ。
もっともっと!おたく道まっしぐらに突き進んでやるぅッ。鼻息荒く購入♪

困った。。。
マーケティング・経済・金融&会計・IT、項目別に
「読んでおくべき基本書5冊」が紹介されていたけど
どーれーも、興味がない(キッパリ)
うぅむ・・・・。

おぉ!これは興味シンシンだっ。
「あたりとはずれを見分ける。」
時系列・場合分け系・ステップアップ系などパターン別に紹介されている。
なぁるほど。
あたしは「失敗した。ケッ!ぺッ!チッ!」と思った本は
即!ヒトにあげます、とういか押し付けます(←コラ)

「売れてる本はとりあえず読む」ですって。
えーー!ヤダ。
みどりんは、あまのじゃくなので渡辺淳一センセイのファンだが
社会現象となった、失楽園と愛ルケは読んでない。
ふん、あたしは通なので流行モンは読まないのさーという心境なのだ。

後はね「多読と精読をうまく使い分ける」という項目もある。
うーーーん、深いなぁ~・・・。
というか、何かムツカシイ。。。でも新鮮だ。

よし、今度はいつもの自分の本・選びとは違う視点で、
本屋さんに行ってみよう!
客観的な視点や思考も大事である。

みなさんへ、本を買う時のこだわりやポイントはありますか?
教えて下さい。

【 本日のオススメ本 】

  本200%活用ブック  

  日本能率協会マメジメントセンター
  
  定価1000円


  活用ブック


【2008/01/19 21:27】 | 雑誌 | トラックバック(0) | コメント(2) |
食べるのもいいけど、描いてみよう
同僚で、お友達のMちゃんは 食いしん坊 だ(キッパリ)
そりゃ、もうスゴイよ。
「 食 」 に関しての愛情、情熱、そして執着(キッパリ)
フツーじゃありません。

本当に「 食べる 」という行為が好きなようだ。

みどりん 「 昨日、コンサートに行って・・・・」
Mちゃん「 帰りに、ど、ど、どこで食べたん!? 何を食べたん?」

あのさ、こうゆう会話の場合 「何のコンサートに行ったの?」が
正しい会話だろ。
「あなたの前世は、食べ物。もしくは食べ物に苦労した庶民
 やったんちゃうん~?」と言ったら、なぜかほっぺを膨らませた。
お腹が空いたのかと思ったら、怒っているらしい。フフン。

そんなMちゃんが喜びそうな本を見つけた。
『 透明水彩で描くお菓子 』


装丁からして、もうウットリする程おいしそうなイチゴのタルト。
うんうん、いいねぇ~。
1ページをめくった時、目に入った絵。
みどりん「あ・・・ッ、コレは」とピンときた。

さっすが、あたし。すぐに解かったもんね。
Mちゃんでさえ、わかんないかもね。フフン。

まったりとした質感。濃い目のミルクティーの様な色をしたクリーム。
粉雪の様なサラサラした真っ白な砂糖が降りかかっている。
そしてギャザースカートみたいな紙にくるまれている。

そう!これは銀座にある「アンジェリーナ」のモンブランであるッ。
パリが本店。
初めての海外旅行がパリだったあたしは
観光客まる出しで、モンブラン目当てでアンジェリーナに行った。
メチャクチャ、お店のヒト、意地悪でした。。。
日本では銀座にしか売ってなかった。
でも今は、梅田・阪急でも買えますよ!

その他にもね、コックリとした質感と高級なチョコレートのみが発するツヤを
完璧に表現したチョコレートケーキ。
思わず手でなでてしまいそうになった、ふかふかの中華うさぎ饅頭が描かれている。

この本がステキなのは、描き方はもちろん、ケーキのレシピまで掲載されているのだ。
気が利く本やんか~♪と思って、著者紹介を見ると
「イラストレーター・料理研究家」と明記してあった。お見事!

うぅむ! あたしも描ける様になりたい!
思わず、新しい絵の具と鉛筆を買ってしまった。

あ・・・・・
でも、ケーキを用意しなきゃ。

どこのケーキがいいかなぁ~・・・。
Mちゃんに聴いてみよおっと!

【 本日のオススメ本 】


 透明水彩で描くお菓子  林 真理

 マール社  定価1400円


 ※なんと!残念。アマゾンで画像ありませんでした!



【2008/01/13 19:15】 | 美術 | トラックバック(0) | コメント(0) |
やっぱり小説
前回の日記で「訪問者数がワカラン。なぜならアナログ人間で
設定ができないから。」と書いたら、このブログを開店する時に
お世話になったパソコン教室のセンセイからメールを頂いた。感激ッ。
元・生徒のブログを、読んで下さってるんですね。
ありがとうございます(ペコリ)

なので、今日も張り切って書こうっと。
今年・初めての小説、何を読もうかな~と「みどりん本棚」を眺める。
衝動買いして読んでない本が、8冊ある。
去年は、買いっぱなしで未読が常に35~40冊はあったから、かなり減った(ほっ)

これにしよう!
石田衣良さんの 『 赤・黒 』
あ、これ 「 あか・くろ 」って読んじゃイケマセン。
フランス人になって下さい ⇒ 「 ルージュ・ノワール 」

何か、読み方かえただけで、カッコイイぞ!

これは石田さんの大ヒット「 池袋ウエスト・ゲートパーク 」シリーズの「外伝」
このシリーズ大好きなので以前、同僚のMちゃんとN子に薦めた。
転勤で東京に一時住んでいた、彼女達が言った。

「 読んだけど・・・・・池袋って、ゴチャゴチャしててキライッッ! 」
「 だってだって、あの暴力的なシーンが~ 。キライ。」 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

あのなー、そーゆー視点じゃないんだッ!
そりゃ、あたしだって目黒や銀座の方が好き。
女子なら、東京路線図の左下がスキに決まってる。
でも、このシリーズを読んだ時に、路線図の左上に配置する「池袋」で
降りてみようかな~と思わせるほどの魅力がある、確実に。

映像を見せないで 「 コトバ 」 だけで、暴力シーンをリアルに描く
石田さんの文章力はアッパレです。

日常の風景描写や比喩表現、街の息遣いが聞こえてきそうな文章に
のめり込み、前のめりで読みふけってしまう小説。

JR大和路線で、前のめりに本を読んでるサラリーマンを見かけたら
それはアタクシ、みどりんです♪

これはシリーズの「外伝」なので、本来の主人公のマコトが
脇役に描かれている。
こうゆうのって新鮮。

視点を変えると、誰もが主人公にもなり
誰もが、脇役になる。
もちろん、あたしも アナタも。


石田さんが 「 池袋ウエスト・ゲートパーク 」のサイン会をすると
「男性参加率が、ほとんど。」と、おっしゃっていた。
ふぅむ・・・、やはり男子向けの小説なのだろうか?

 【 本日のオススメ本 】

 赤・黒(池袋ウエスト・ゲートパーク外伝)  
 石田衣良

 文藝春秋  定価514円


 赤黒






【2008/01/11 12:53】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |
2008年度は女子アゲ↑
みなさん、あけましておめでとうございます。
今年も、この図書日記をよろしゅう・ご贔屓に(ペコリ)


昨日、お友達のさおちゃんに逢ったら「ブログ、書いてないやんッ!」と
言われてしもうた。ぎゃふん!
そうなんです。12月度の「今月の本・大賞」も書かずに
年末のお礼も言わずに、年が明けてしまいました。ぎゃふん!

ワタクシ、かーなーりッ!アナログ人間なので
ブログを見てくれる「訪問者数」の設定ができないのである。ぎゃふん!
だから、何人の方が見てくれてるのか未だに、わからんっス。
見て下さってる人、ありがとうです★

本年度、最初にオススメする本はこれッ。

崇拝する、蝶々さまの新刊
『 女子アゲ↑ 』

男子の方は、関係ねぇ~と思うでしょうが
まぁまぁ、最後までお付合い下さい♪

マニアというか、おたくのみどりんは大好きな人の新刊は
発売日より1日早く、大型書店に買いにいく。早く読みたいし!

まず装丁が、美しい。。。
シャンパンピンクのキラキラに、まずウットリ~。
扉ページに直筆で、書かれていた。

『 大・丈・夫(ハートマーク)
  サガったら、まだアゲればいいんです(ハートマーク)
  CHOCHO
  女子バンザイ 』


じーーーーーん。
そうよね、サガっても、またアゲればいいんだよねッ!?


むぎゅぅッ。
本を抱きしめる、みどりん。

元々は、恋愛マニュアル本から出発した蝶々さんですが
もう、すっかり&軽々跳び越え、働く現代女子に向けて
ココロのヒダまで染み渡るメッセージを贈ってくれてるの。
学生さんも、お仕事持ってるヒトも、妻も、母も、みぃーーんな
同じ現代を生きる女子には読んで欲しい本デス。

読み終えた時に、じんわり目頭が熱くなった。グスン。

ちなみにみどりん、蝶々さんプロデュース
「2008年・女子アゲ手帳」愛用してますの。フフン。
蝶々さんの公式ブログで購入できまっせぇ。


 【 本日のオススメ本 】

  女子アゲ↑  蝶々

  徳間書店   定価1200円

   女子アゲ

【2008/01/06 19:21】 | 全ての女子・必読 | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

12 ≪│2008/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。