みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
今月の本・大賞☆★☆
11月も今週で終わりですね。
今月は、週に1回しか更新してませんでした。ごめんなさい(ペコリ)

では、今月のまとめです。
今月の購入数: 2冊
今月の購入金額:1536円


こ、こ、これはッ!?

購入したのが、記録的に少ないっっ。


未読の本が常に30冊以上(!)あった、わたしですがようやく
「 計画性 」というモノが身についた・・・みたい。
今月は、頂いた本を読んだり
以前読んだ本を読み返しりしてたもんなぁ~・・・。 お陰で本棚もスッキリ。

それでは 「 今月の本・大賞 」 はコチラ☆

  『 美人はしぐさで作られる 』


会社のお友達のA子ちゃんは
別名 『 S字なオンナ 』 と呼ばれている。

カラダをS字にくねらせ、上目使いの大きな丸い瞳でジッとこちらを覗き込む。
もちろん彼女は計算しているのではなく、無意識&無自覚。
小型犬みたいに、生まれ持ったDNAらしい。

上目使いでみつめられ、メロメロになってる、おじさんもいる(おやじキラーめ!)
身長152cmの彼女だから、とても似合うけど
164.5cmのわたしがやったら・・・・気味悪がられるだけさ(ふん)

しかし、仲良しのわたしでさえ時々
S字でクネクネされると・・・・

 「 ちょっとぉぉ、A子!

   自分の頼みは、、、、

   200%! 聞・い・て・く・れ・る・と・信・じ・て・る・や・ろ!? 」 

とツッコミを入れたくなる。 
本当に、うるうるの小型犬みたい。

昨日もクネクネされ時
心理学者・伊東明センセイの 『 美人はしぐさで作られる 』 を思い出した。
これを読んで、ようやく 「 S字なオンナ 」 が解明できた。

彼女のしぐさは、かわいく見られるための典型的なポーズであった。
幼児がするカワイイしぐさの特性を、オトナが活かしているのである。

 ( で、で、でもね。
  このポーズは25歳以上はしない方がいいと書いてあった。
  A子ちゃん、どーすんの!? )

心理学といっても伊東センセイの本は、解りやすい!
色んなシチュエーション別に、有効かつ魅力的にみえる「 しぐさ 」が
イラストで紹介されているが、その意味や効果も明確なので
素直に、うんうん、なぁるほどねぇと頷いてしまう。
「 ビジネスシーン 」では、キリリと
「 みんなに好感を持たれる前向きな明るさ 」
「 同性からカッコイイと思われる女性 」 などなど。

演技までしなくてもいいけど、ぶりっ子(死語)も必要ないけど
そりゃ魅力的にみられた方が、公私共にいいに決まってる♪


ガサツで動きが大袈裟、声もデカイ女性がいたけど( かつての上司 )
あの~、、、、
同じ女子のわたしでさえ・・・・
疲れたもの。お腹いっぱい。


友人のB子さんは、40歳を過ぎて、お母さんだけど、充分女性っぽく、色気を感じる。
「 みどりんさん 」と呼ばれると何故か訳も無くウレシイ。
同じ40代で、一体何が違うんだ・・・と思ったら
「 しぐさ = 動き (話し方も含めて) 」 が原因だった。
表情やファッションも大事だけど、しぐさがこれほど影響してるとは。

ビジネスシーンでは、カラダの中央(芯)は、とにかく、ビシっとまっすぐブレない事。
プレゼンや会議シーンでは、特に有効らしい。
確かに自信がある人は、直線ですよね。
ちなみにA子ちゃんが、くねくねS字で依頼すると
ビシっとまっすぐな理系女子は、結構キツイ対応してる・・・。
何だか対照的だ。

初めてサイン会で、小悪魔作家の蝶々さんとお逢いした時に
ひらひらと蝶の様に舞う、艶やかな手の動きにわたしは、ひとめボレした。

サイン会が終わるまで、ずーーーっと見てたもの(←コワイ)
しぐさの全てが女っぽいので、同性でも見ていて飽きない、
とにかく心地よかったのだ。


みなさんも、周囲で魅力的や女性らしく感じる人を、観察してみて下さい。
きっと 「 しぐさ 」 の影響が大きいですよ。

【 本日のオススメ本 】

 美人はしぐさで作られる  伊東明

 定価1300円

美人
スポンサーサイト
【2008/11/28 12:43】 | 全ての女子・必読 | トラックバック(0) | コメント(0) |
見慣れた日常も視点を変えれば・・・
 写真集って買ったコトありますか(なんだよ、突然)

 ティーンエイジャーの頃、実は、わたしは・・・結構、買ってました。
 某ジャニーズ・アイドルが好きで(!)写真集や雑誌を買ったり
 切り抜きを集めていた、、、のであります(遠い目・・・)

 オトナになってから、久しぶりに写真集というモノを購入。
 尊敬する絵本編集者のY女史が、手掛けた本だもの。
 迷わず即買い!

 Y女史の授業で 『 こやたちのひとりごと 』 
 という本を紹介して下さった時、

    「 うぅ・・・やられた。そーきたかッ。」

              わたしは、ガクっと膝をついた。


 何だか、もう発想が柔軟というか、枠にとらわれないというか
 嗚呼、視点が違う。

 同じ風景やモノを見ても、
 気付く人と気付かない人がいる(年齢に関係なく)


 ”気付いた人”だけが、どんどん発想を進化していくのだろう。

 わたしが通っている学校の講師でもある、福田氏が「ほぼ日刊イトイサイト」で連載し、
 書籍化された 『 福田のフォト絵 』  
 と同じくらい発想が柔らかい。
 ( この本は既に、このブログで紹介済み。大好きで本当にステキな本。)

 この 「 こやたちのひとりごと 」 は、なーんてコトない日常の風景に
 埋もれてしまっている「 こや(小屋)」が主人公の本。

 古くなったり、景色に同化していたり、色もキレイじゃないし、
 言っちゃあ、何だけど可愛くもないしさ(キッパリ)
 でも、その 「 小屋くん 」 達が主役。


 撮る側が ”ひとりの確立した小屋くん”として見てるので
 不思議と、勝手に彼らの性格やプロフィールが伝わり
 人格(小屋格?)が生まれている。
 そっか、あんたは、そうゆう思いでここに立っているのね、と納得してしまう。
 「 小屋 」を見かけるコト事態、あまりないけど先々週
 大阪・中ノ島の屋外スケッチ会で河沿いに「 小屋 」が佇んでいるのを発見。
 ボートとタイヤを従えて、何だかエラソーでいい感じだった。
 もちろん、水彩で小屋くんを描きました。

 ビジネス書が苦手な人、ガチガチにお硬い人ほど
 そっか~、こんな自由でいいのねん♪と思って
 視野が広がり、軽い気持ち読んで頂けたらウレシイです。
 なんせ、師匠が編集された本だから
 グイグイ思い入れがあるのも事実。

 夜遅く、そろそろ寝よっかなぁと思った時刻に
 ふと思い出し、取り出してしまう本である。

 自分が見慣れた風景にも 「 小屋くん 」 達がいるかもしれない。

 では、皆さんステキな3連休を
 お過ごし下さいね~!

 【 今日のオススメ本 】

  こやたちのひとりごと  

  定価1600円

こや
【2008/11/21 12:31】 | 写真集 | トラックバック(0) | コメント(0) |
T先生に薦められた小説
 「 ほな、描きまひょかぁ。」
 「 ごっつぅぅー、やりまんねやわ。」


 関西人でも、ビックリするくらいコテコテ大阪弁のT先生。
 毎週末、通っている絵の学校の先生であり
 著名なイラストレーターでもある。
 
 本の装丁を描いてくる課題があり、わたしは張り切って
 「 黒革の手帖 」 の装丁を描いた。
 
 他のみんなは女子っぽい作品が多い中、
 何だか・・・渋すぎるぞ、自分!

 でもT先生も、本がお好きらしく
 かなりマニアックな本談義が繰り広げられた。
 お互い、手持ちのカードから次々に披露していく。


 「 ”国境” は、おもしろかったですッ。読まれました? 」

 「 ほほぉ~。女性でその本を読むのは珍しいなぁ~。ボクも読んだで。」

 「 じゃ、”疫病神” は読まれました?(ニヤリ」

 「 読んだで。
   ”閉鎖病棟”は、メチャクチャ感動しまんでぇ。ごっつ泣けたわぁ。 」

 「 うっ・・・。閉鎖病棟?ですか・・・。
   読んだ事ありません。」

 本・対決(?)で素直に負けを認めたわたしは、早速T先生が
 絶賛する 『 閉鎖病棟 』 を買いに行き
 東京行きの新幹線で読む事にした。
 

 これが感涙する作品かぁ。思ったより薄いなぁ。
 何だか過剰に期待しながら、読み始めたけど淡々と物語は進む。
 期待しすぎたのか、登場人物も一般庶民だ。
 特別、ワルモノも美女も出てこない。
 美人女医とか期待したんだけど?T先生。 

 過剰でドラマチックな演出もなく、村上春樹氏の様な凝った比喩表現もなく
 淡々としてるけど、なぜか登場人物に寄り添ってしまう。

 精神病院という、馴染みのない中で繰り広げられる日常が
 現役の精神科医の作者の目線で、穏やかに語られている。
 上からではなく、同じ目線の高さで。

 精神病院に入院する前の患者達の生活と現在の生活。
 過去と未来を、行きつ戻りつしながら
 親への愛情、家族との関係性、壊れた心が
 静かに、そして切なく、流れている。

 精神科の現場を体験した人の、リアルな言葉には
 表皮やぶって届く静かな力強さがある。 


 格差社会という言葉は嫌いだけど、競争に疲れて
 心が壊れてしまう事が、身近に起こる昨今
 登場する人物達は、自分でもあり、あなたでもある・・・。


 不器用に正直に生きる、主人公の ”チュウさん”の最後に
 いかん・いかん、ここは通勤電車の地下鉄やん、と思いつつ
 涙が浮かんできたのには、困った。
 自分でも気付かないうちに、うんと感情移入していた。
 丁寧に大切に扱う小説です。
 また数年後に再読すると思う。

 【 本日のオススメ本 】

  閉鎖病棟  

  新潮文庫  540円

 閉鎖病棟
【2008/11/12 12:46】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |
そうだ、手紙をかこう
ただいま。お江戸から戻ってまいりました。

逓信総合博物館で開催されていた 『 ニッポンノテガミ展 』
その傍で、先週末 『 手紙雑貨フリマ 』 が開催され
ワタシは、お手製のポストカードを創って参加。
お陰様で、60枚以上 売れました♪


でも20枚は ”身内買い”ですな。
東京の男子友達たち、どうもありがとう!(ペコリ)

自分の作品を買って頂くって初めての経験だったけど
学びと新しい発見がテンコ盛り。
いい経験でした。


マーケティングのセミナーに通った時期があったので
POPや看板も工夫したつもり・・・・

し・か・し。

あんまり見てもらえなかった感じ。今後の課題です。むむむ。

てな訳で、今日は「ポストカード」絡みで、この本を紹介しますね。
『 ハッピー グリーティング カードブック 』


色んな著名なイラストレーターさん達の、オリジナル・ポストカードの作り方や
作家さん同志の工夫がいっぱい♪のお手紙交換を公開している。

こんなお手紙が届いたら、そりゃウレシイだろ~~
と思う作品がいっぱい。


でもね、凝ってるけど、重くない(これって大事)

うりゃぁぁぁぁと凝りに凝った&何時間かかったの・・・?みたいな
作品の様な手紙や、プレゼントって重い。
相手を想ってるから、逆にサラっと負担にならない様に贈りたい。
手紙って、送る ではなく 贈る 
だと想ってるんです、ワタシは。


切手にちょっと工夫するだけでも、印象がガラっと変わる。
貼り方、季節に合わせて選んだり、相手が好きなキャラクター切手を貼ったりetc。
メールがあたりまえの、この時代だからこそ
ちょいとハガキ1枚かいてみようかなぁ~と思わせる本である。
色鉛筆とハサミとハガキを用意して、あの人に書いてみませんか?

ワタシは今週末、お江戸でお世話になった人達に
お礼状をカキカキします。
どんなカードにしようかな?考えて検討する時間も、また楽しみのひとつ。

【 本日のオススメ本 】

 ハッピー グリーティング カードブック

 株式会社学習研究社  定価1600円

カード
【2008/11/07 12:41】 | 美術 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

10 ≪│2008/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。