みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「 顔 」 で選んでみた
やはり、中身じゃなくて 顔 だ。
こんなコトいきなり言ったら、ヒンシュクかいそう。

で、で、でも
「 人は見かけが9割 」の本は
すごーーく、売れましたよね(まだ読んでないんですけど・・・)

医学博士の佐藤富雄さんの新刊のタイトルは
ナント

 「 美人じゃないと幸せになれない 」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・

この本をジュング堂で見かけた時は

 「 な、な、なんですってーーーッ!? 」

と前のめりになり
むんずと本を鷲づかみにし、シュパシュパとページをめくった。
美人じゃない人は、幸せになれないって・・・
どーゆーコトなの!? 教えて、佐藤センセイっ。

力を入れすぎて指の跡がつきそうになった。ふぅ。
皆さんも立ち読みは、丁寧に行いましょう。

神戸の絵の学校の授業で 
「 学校のパンフレットの表紙を作る 」
という宿題が出されたので、アイデア&参考になるかなと
ジュング堂に行ったのでした。

好きな作家や好みは関係なく、自分がパッと見て惹かれる&気になる装丁は
どれだろう・・・?
本棚のジャングルを歩き廻った。

で、最初のコトバ
「 中身じゃなくて 顔 だ。」 に繋がる・・・という訳です。

ある作家に惚れ込むと、その人の作品ばかり40~50冊も
買い続ける私を、ストーカーだという人がいる。フン。
確かに「 あ、大好きな作家の新刊がでてるん♪ 」と購買するので
装丁は、あまり意識したコトがない。

装丁だけを意識して本を選ぶって、初めて。
何だか新鮮。


イラストレーター・松尾たいこさんの装丁は、すごく多い。
あ、この色使いは、いとう瞳さんの絵だな。

あ・・・・・ 
これイイ。

私が、装丁買いしたのは文庫本2冊。

唯川恵さんの 「 恋するチカラ 」
砂糖菓子が涙で塗れ、
溶け出した様な淡い水彩画。ベッピンさんだ。


もうひとつは宮部みゆきさんの 「 地下街の雨 」
これは、アクリル画?
フェルトや毛糸の様な質感に、緑色の傘に
童話の世界の様な大粒な雨。
冷たい雨ではなく、恵みの雨を感じる。
妄想癖のあるワタシを、一気に妄想ワールドに導いてくれる装丁だ。

えーと、中身は・・・また読んでません(←アカンやんか)
でも、唯川さんも宮部さんにも
かなり!ハマッた事があるので、基本的に大好き。

他に未読な本が、9冊あるので順番待ちなのだ。
でも装丁を見てるだけで、何だかウレシイし
アイデアが湧いてくる。ぐつぐつ。

いいなぁと思ったり、ちょっと気になる・・・と思った装丁は
ほとんどといっていいくらい、
鈴木成一デザイン室であった。うぅむ。

たまには、装丁だけで本を選んでみる・・・・そんな買い方もいいかもしれない。
新しい作家の発見や、気付くポイントになるキッカケになるから。

【 本日のオススメ本 】

 恋するチカラ  唯川恵    定価552円

 地下街の雨   宮部みゆき  定価514円

恋するチカラ
地下街の雨

スポンサーサイト
【2009/03/10 12:34】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

02 ≪│2009/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。