みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
熟成した小説

会社の後輩で可愛がってる妹分の、マッキ~に
「思いっきり泣ける小説を教えて下さい。」と言われた。
図書日記・管理人のあたしは、
こーゆー質問は大好き!
がぜん、はりきっちゃうぜー。
ハッスル♪ハッスル(←死語やろ)


「えーと、あたしのオススメは
 小池真理子さんの 恋 やねッ。
 もう切なくて、やるせなくて泣けるしッ!」
素直なマッキ~は早速買って読んでいた。
そして彼女は、切なくて泣いていた・・・・・。


あたしも、小池真理子さんを読もおっと。


今回選んだのは 『 虚無のオペラ 』
帯に 「 恋愛文学の極北 」 の文字。ふぅむ。
でも装丁が、ちょいと暗いのが気になるねぇ・・・。 ま、いっか。


舞台は厳冬の京都。
別れるために、4日間を雪深い宿で過ごすふたりの物語・・・。


小池真理子さんの小説を読むと、
湿度を感じる。
音が聴こえる。
頬に触れる風の冷たさを感じる。
星の瞬く音が聴こえる。
少しずつ、きしんでいく心の深いヒダが観える。


通勤電車だと言うコトを忘れてしまう。


自分の感情が、主人公の結子に寄り添っている、いつのまにか。
読み終えた時、かすかに自分の心臓の置くが
ぎゅっと痛く、けだるくなった・・・。


切なく、甘美な、熟成された葡萄酒を飲んだ後のけだるさ・・・に似てる。


オトナになればなる程、年齢を重ねる程、
小池真理子さんの小説は
楽しめると思うんだ。


【 本日のオススメ本 】


 虚無のオペラ  小池真理子


 文春文庫     定価543円


 ※アマゾンの画像ありませんでした。残念ッ。

スポンサーサイト
【2007/06/27 21:47】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<今月の本・大賞★ | ホーム | 働く女子の大先輩>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/06/27 21:52】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midorin1213.blog70.fc2.com/tb.php/113-d7f790ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。