みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
コムスメが読む本ぢゃないだろ

3連休いかがお過ごしですか?
みどりんは、土曜日は京都でお勉強会、日曜日は神戸の塾に行ってました。


今日は6時起床で、本棚が届く準備をしていたのだ。
年間120冊増え続ける本達・・・。
そして、とうとう本棚が破壊してしまった。。。
放置するコト、4ヶ月(←コラ!)
念願の本棚・購入!
ウレシイから言っちゃおう。サイズはね、間口900mmで高さは1800mm。
デカイぜッ★♪!


会社の前の部署で鍛えられてるので、組み立てはオテノモノ♪
30分で完成。ふふん。
カナヅチ、ドライバーは得意っス。
破壊した棚から本を取り出したんだけど、いちいち感慨深いな・・・・。
ひとりの作家にハマると、そのヒトの作品を20冊~30冊
スート-カーの様な勢いで読んでしまうから。
そっか~、10年前はこのヒトの本に夢中だったなぁ・・・。
そして会社では、もう退職したけどあの子と仲良かったなぁ~。
あたしの場合は、本と、その時代の思い出がワンセットだ。


整理しながら、目についたのがこの本。
『 料理と器 立原正秋の世界 』


シ、シ、渋すぎる。。。。


この本を買ったのは、確か24歳ぐらいだったはず・・・。
まだまだコムスメ・・・やろッ。
ハードカバーで立派な装丁。お値段もご立派¥2500
立原正秋氏のご長男が出版されてるんだけど
いやぁ~、改めて背筋がシャンッ!と伸びる本ですな。


和食の慎ましさ、凛とした静寂の中の強さ、品のある佇まい・・・。
ガサツなあたしも、思わず正座をしてしまった。


こーゆー本は、今だから楽しめる。
オトナになるってコトは、色んな感情のヒダが餃子の様に
折り重なり、味わい深いもんだ。


あ、ここで業務連絡!
処分する本が70~80冊ありますの。
どなたか、いりません?
全部もらってとは、言いませんがな。
本ソムリエのみどりん
あなたに合わせた本を、テキトーにみつくろってお贈りします。
どんな本が届くかは、後のお楽しみ♪ イヒヒ。。。

【 本日のオススメ本 】


 料理と器 立原正秋の世界   立原潮


 平凡社  定価2500円


 立原

スポンサーサイト
【2007/09/17 21:00】 | グルメ | トラックバック(1) | コメント(8) |
<<3年振りに名作を読む | ホーム | お江戸の親切なヒト達>>
コメント
こんにちは。

処分する本が70~80冊ありますの。

おおー。欲しいですぅ。
みどりんさんがどんな本をチョイスしてくれるかもタノシミです。
着払いでよろしくお願いしまーす。
【2007/09/18 13:40】 URL | ムム #-[ 編集]
ほほーん 欲しいです。
私にも、選んでちょうだいなあーv-25
これから 忙しくなってきて、すぐには読めないけど
楽しみにしてますです。
【2007/09/19 10:41】 URL | かじたに #-[ 編集]
はーい、了解しましたv-22
選ばせて頂きます。趣味じゃないからって
返品はあきませんで。ちゃんと読んで
読書感想文、提出して下さいね。フフ。
【2007/09/19 12:56】 URL | みどりん⇒ムムさんへ #-[ 編集]
コメントありがとー。久しぶりだねぇ~。
キミには、どんな本がいいかしら?
難しい小説、軽薄な恋愛エッセーetc
何が届くか、楽しみにしておいてねんv-207
【2007/09/19 12:57】 URL | みどりん⇒よっちゃんへ #-[ 編集]
お手数ですがヨロシクお願い致します。
しかし感想文は・・・v-12
【2007/09/21 00:47】 URL | ムム #-[ 編集]
ダメダメ。感想文は提出しましょうv-219オトナの宿題です。フフ。
【2007/09/21 21:24】 URL | みどりん⇒ムムさんへ #-[ 編集]
お久しぶりにブログ読ませていただきました。

私も本を見繕ってほしいですぅ~。

さすがに、もうないでしょうか・・・。
【2007/10/14 22:16】 URL | マッキ~ #-[ 編集]
あ、もちろん見繕ってまっせv-219
当然じゃんッv-22
ピッタリのがあるんだ~。
あまり殺人事件とか刺激の強い本は
よくないから、まったり系で揃えてます。ふふん
【2007/10/15 12:51】 URL | みどりん⇒マッキ~さんへ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midorin1213.blog70.fc2.com/tb.php/128-ecb70970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
太宰治に聞く (文春文庫)
著者は、夏目漱石、樋口一葉、宮沢賢治らを戯曲に仕立てているが、太宰治を戯曲で描いたのが「人間合格」。著者は、この作品を作るために太宰にのめりこんで作った。全作品を読破し、研究記録を読み漁り、太宰縁の人への取材。その結果、人間・太宰治に新たな視点があたった あおいのblog【2007/09/28 05:40】
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。