みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
女子の友達って

自分の知らない世界、見たコトもない世界を、
旅する事ができるのが本だと思う。


男子は林真理子さんの小説を読んだ事のないヒトが多いので
もったいないなぁ~と、つくづく思う。
直木賞作家で、エッセイも前ノメリになる程おもしろいのにさ。


今日ご紹介するのは、林真理子さんの小説 『 年下の女友だち 』
本おたくのみどりんは題名と、本の裏面にチョロリと書いてある説明文だけで
「ははーーん、ハヤシさんの周囲にいる妹分たちを
 モデルにしてるな。」と解ったもの。ふふん。(←自慢)


ハヤシさんのアンアンでのエッセーに、時々「仲良くしてる妹達」が
ネタに使われる。
彼女達は「地方から東京の大学に進学し、
そのまま就職せずに(!)
親の仕送りを受けながら、お稽古事をする生活を
東京で送っている。」ヒト達。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ねッ!信じられない人種でしょ!?$&#*!?
そんなヒトがいるのー!?と思うけど・・・・いるらしい。
おまけに、ビジンなんだ。


この小説は、主人公の「有名イラストレーターの私」を軸に
その廻りを、ひらひらふわふわ蝶々の様に可憐に、
でも実はとんでもなく、たくましく
ただひとつ、オンナとしての欲求を貪欲に目指す「年下の女友だち」を
描いた連作短編集。


こうゆう生き方、こうゆう世界も、同じ時代に同じ女子として
生息してるんだ・・・と思わずゴクリと喉を上下させてしまった。


短編なんで読みやすいデス。ハヤシさん、一度も読んだコトないよーと
いうヒトには、特にオススメ。
いつもいつも思うんだけど、ワンコインでお釣りがくるのに
こんなにも楽しませてくれる文庫本ってヤツはぁ
ほんとッ、エライと思う!


【 本日のオススメ本 】


  年下の女友だち   林真理子


  集英社文庫   定価457円


   年下の女友だち


スポンサーサイト
【2007/11/09 08:05】 | 小説 | トラックバック(1) | コメント(1) |
<<絵本塾にて・・・再会 | ホーム | 今月の本・;大賞★>>
コメント
アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/?mode=edit&

【2007/11/12 14:30】 URL | みんな の プロフィール
#-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midorin1213.blog70.fc2.com/tb.php/137-e201cb18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
果ての花火-銀座開花おもかげ草紙
 「吉原手引草」で直木賞を受賞した著者の受賞後第1作。「銀座開化」シリーズの続編となる連作短編集である。 多くの幕臣が地方へ移り住むなか、宿敵を討つため東京・銀座に残った31歳で旧旗本の次男・久保田宗八郎が主人公。大名子息で洋行帰りの伊達男・戸田三郎四 本ナビ!by Tamecom【2007/11/16 21:14】
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。