みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
バブルという時代
 この時代が、17~18年の東京という街に
 存在していたなんて信じがたい。
 

 バブルという時代は、17~18年前に確実に存在していた・・・ようだ。
 東京に住んでないから、その空気や経験を共有してないから
 なんとなくブラウン管の向こう側に感じるのかもしれない。

 少し前に読んだ石田衣良さんの小説「アキハバラ@DEEP」と
 今日ご紹介する林真理子さんの「アッコちゃんの時代」は、
 15~16年の時差があるだけの、同じ東京が舞台。
 何だか違う国の話に感じる・・・・。

 この小説がハードカバーで出版された時、ちょいと話題になりました。
 内容のあらすじを読み、興味が湧いたのももちろんだけど
 ミラーボールを思わせる、
キラキラの特殊印刷を施した装丁にもかなり惹かれた。


 早く文庫本になってくれないかなぁ~と思っていたら
 先週、たまたま本屋さんの平積みで文庫化されているのを発見!
 さすがに特殊印刷じゃないけれど。

 タイトル「 アッコちゃんの時代 」
 そう、これはもう「時代」という言葉がピッタリ。


 弥生時代・平安時代・江戸時代・・・・
 そして バブル時代。


 移り行くのが、季節であり、時代である
 (ちなみに人の気持ちや愛情も!)
 もう平安時代が二度と来ない様に、バブル時代も二度と来ない。
 だから、この小説は「歴史小説」だと、あたしは思う。
 みなさんは、どう思いますか?
 

 この小説を読んで、6~7年前、東京出張の時、大阪から東京勤務になった同僚と
 飯倉の「キャンティ」で食事をした事を思い出した。
 日本で初めてのイタリア料理店。ユーミンや加賀まりこが常連だった
 有名すぎるこの店に、行ってみたいと言ったのはワタクシ。
 普段はドラマや民放を見ないのに、何故こんなミーハーな提案をしたのかは覚えてない。

 感想は・・・・意外と店内が狭い!
 でも、お食事は美味しい!
 そして、絶対に素人ではないでしょ!レベルのスーパー美女がいた。
 事務所の社長とマネージャーらしき男性と食事していた、
 モデルか女優の卵ちゃんみたいな美女を、ストーカーの様な勢いで見惚れていたっけ。

 この店の創業者のご子息が、主人公の元・夫。
 この小説を読み終わって、もう一度キャンティに行ってみたくなった。
 同じ小説や店や場所でも、
 受け手であるこちらの感覚・時期・気持ち次第で
 風景が違ってみえる。


 「小悪魔」と呼ばれていたらしいが、現代の「小悪魔」の
 意味・仕様・内容とは、えらく違うなぁとシミジミ。

 これだけの美貌は素直にウラヤマシイ!けど、
 今というリアルな世界を生きる女子は
 仕事・才能があり、自分の脚で歩いてこその小悪魔だと思う。
 

 バブル時代を知らない世代の人が読んだら、どう感じるか聴いてみたい。

 【 本日のオススメ本 】


  アッコちゃんの時代       林真理子


  新潮文庫             定価540円
 

 アッコちゃんの時代
スポンサーサイト
【2008/04/08 08:04】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<このお店が繁盛してる理由 | ホーム | 魔法を忘れないオトナ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midorin1213.blog70.fc2.com/tb.php/166-04b3c03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。