みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
久しぶりのビジネス書・登場!
去年の年末、男子友達S氏に
「この本を読んだら、もう他のビジネス書は読まなくていいよ。
これに全部書いてあるから。」と「夢をかなえるゾウ」を薦められた。
本当に、それ以来 まっったく!ビジネス書は読まなくなった。
ガネーシャにホレ込んだし、やはりあたしは小説がスキ。

あるビジネス・セミナーで出会った、
KAZさん(←ニックネーム。外人ではありません。)

この方、年齢不詳・宇宙人みたいな人。
42歳にも120歳にも見える。というか本当に120歳まで生きると思う・・・。

彼から、リッツ・ホテルの便箋に、ブルーブラックのインクで
したためられた英語の手紙を頂いた事がある。

よ、よ、読めないんですけど・・・・?

英語が得意そうな後輩に翻訳を依頼しようとしたが
内容がラブレターだったら困るので(おい!?)
正直にKAZさんに 「 わかりまへん。」 とお伝えした。

「 キミだったら解ってくれると思ったんだけどなぁ~。
  先日、東京の白州正子邸に行ったんだ。
  英語を日常に使うのっていいなと思ってさ。」


くぅぅーー、カッコよすぎるぞ!KAZさん。

そう、KAZさんは実は英語が堪能で、
ゴア元・副大統領が来日した時は
通訳していたぐらいのエライ人なのです。


その英語を自由自在に操るKAZさんが、
ご本を出版されました!パチパチ★☆★(あ、中身は日本語)
今日は、話し方教室も経営されているKAZさんのご本
「 あたりまえだけど なかなかできない 話し方のルール 」を紹介します。

時々、KAZ先生と短文の携帯メールでやりとりさせて頂くのですが、
「みどりん、その敬語の使い方、おかしいよ。分かる?」
と2回ご指摘を受けた。
ワタクシ、堅気のサラリーマンなので
「コトバ使いは、結構ちゃんとしてるもんね。フッ。」と思っていたから
目からウロコ3枚落ちました。反省。そしてありがたや。

親切なKAZさんは「みどりんへ」と名前入りのサイン本を
贈って下さった。ありがたや・ありがたや~。
久々のビジネス書に、姿勢を正し、やや緊張する。

30秒後・・・。

デレレレ~~ン。

姿勢を崩し、頬つえつきながら(気分だけは桃井かおり)読んでいた。
だって、読みやすいんだもん。
見開き2ページの完結型。こーゆー構成、好きです!
各ページのタイトルも期待感が満載。
「 口角アップ ふ・ひ・ふ・ひ訓練 」
「 脱・頭が悪い話し方 」


素直なあたしは、もちろん
「ふ・・! ヒッ! ふぃ・・・! ひぃぃーー!」と実践している。

ぐんぐん読み進める。

あ!コレは自分に該当する。気をつけなきゃ。
作者が知ってる人だと素直に受け取れるものだ。ふむふむ。

お・・・ッ!

ブンブン首がちぎれる程、頷いた。
これ同僚のA子ちゃんとB子ちゃんの事だ!

86ページに注目。

-------------------------------------------------------

 「 声が暗い、小さい 」は「 暗い 」の第一条件。
  自分に楽な声の大きさに甘えてしまっているのです。
 「 このままで、それでいい 」と言って。
 あなたのその声の大きさで人に迷惑をかけている
 事を自覚しましょう。
 あなたの言ったことがわからないと、
 人は余計に耳をそばだてないといけない。


-------------------------------------------------------

そうそうそう!
A子ちゃんもB子ちゃんも、もしょもしょ小さい声で話す。
お腹が空いてるのだろうか?
聞き取れないから、あたしは何回も
「えぇっ、えッ?な、な、なんデスカ?」と聴いている。
その度に、自分がじーさんの様な気分になってしまう。むぅ。


でもそのおかげで
「 相手に負担をかけないコトが、気配り 」だと気が付いた。
エライぞ、あたし。

で、毎回聞き返すのも負担になり(そりゃそーだ)
そのうち、話し掛けなくなり というか、他の人に聴く様になった。
で、どうなったかというと・・・。

B子ちゃんは「みんな仲良くしてくんない。孤立してるー。なんでよッ」と
会社を去っていきました(実話・・・)

「 話し方 」で人間関係や自分の印象・ビジネスが
大きく変わるんだなと、この本を読んで改めて実感。
そしてB子ちゃんが新しい職場で、ハキハキと、蓬莱のブタまんが
丸呑みできるくらいの、大きなおくちで挨拶してる事を祈ってます。

え、A子ちゃんはどうなったですって?

A子ちゃんとは仲良しで、今でも一緒に働いてます。
本人は自覚ナシのまま、今日も もしゃもしゃ小さいお声でしゃべってます。
お腹空いてるんだと思うわ、彼女。
そうだ、A子ちゃんに、この本買うように薦めてみよう!

最近、2冊目の本もご出版されたKAZさまなのです。



【 本日のオススメ本 】


 あたりまえだけど なかなかできない 
 話し方のルール


 高津 和彦


 明日香出版社   定価1300円 
 

KAZさん
スポンサーサイト
【2008/04/23 08:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<今月の本・大賞☆★☆ | ホーム | 一流の読者になる、というコト>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midorin1213.blog70.fc2.com/tb.php/169-2cbc22c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。