みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
今日で5月も終わり。私は春と夏が大好きです。
初夏って爽やかですよね。
では今月のまとめに行ってみましょう。

今月の購入数  :7冊
今月の購入金額:9565円


少なッ! 
圧倒的な少なさ。これは一体どういうコトなんでしょう・・・?

それはね、、、、、
先月、買い込んだ小説を順番に読んでいたのと
歳の離れたお友達・税理士の”おーたさん”に、ドッサリ小説を頂いたから♪

今月の大賞は、おーたさんから頂いた、この小説に決定!

    『 国 境 』


この小説はビックリするくらいブ厚い! 太ってる。うん、メタボだ。
どれどれ、サイズを測ってやるぞ。 なんと3.4cm!
普通の文庫本の2倍・・・。ちなみにお値段も2倍。

ちょっと通勤で持ち歩くのには重いな~、しかもハードボイルド系やで。
やや躊躇しながら読み始めたのですが・・・。

「 あかん。この本 ハマるわ。。。。」

あのね、最初の50ページぐらいで、もうノメリ込みました(キッパリ)
帰りの電車は全て座れるので、時々 
本を読みながらウトウト居眠するけど(あたしは、じーさんか?)
この小説は、もう目がランラン!
「 あー、もう駅に着いたんかぁ~!ちぇッ。」と毎回感じていた。

舞台の半分が北朝鮮。圧倒的な取材力に立ち尽くしてしまう。
北朝鮮という国に、ごぼごぼと内部まで棒を突っ込んで
掻き回し、えぐり出して見せてくれる。
行った事もない私達が、まるで体験したかの様に眉をひそめ、頭を抱え、
顔を背け、胸に痛みを感じてしまう。
巻末3ページ分に掲載されていた「参照文献」は49冊。う~ん圧倒的。

山崎豊子さんの「 沈まぬ太陽 」 佐野真一氏の「 東電OL殺人事件 」を読んだ時も
圧倒的な取材力と徹底的な現場主義に、眩暈を感じるほど感嘆したけれど・・・・

   そうリアリティ。

小説は、リアリティがないと共感できない。
あ、ちなみに絵本制作も、とにかくリアリティが大事と教わりました。

北朝鮮の場面は、前のめりになって、惹き込まれてグングン読める。
ご存知でした?
金日成のバッジは、お洋服の襟に付けちゃいけないんですって。
なぜか解ります・・・?

襟に付けると「 ひらひらして、首領様がお酔いになるから。 」
ぎゃふんッ!

北朝鮮に105階建て(!)のホテル建設計画があったのにも驚いた。
柳京ホテル。
89年の世界青年学生祭典開催時に完成を目指して着工したが、資金不足の為
放置され、今では幽霊ホテルと呼ばれていると紹介されていた。
あの国に、高層ホテルって想像できへん・・・と思いつつ
帰宅後、夕刊を見たら、

  ナント!

「 北朝鮮・幽霊ホテルが16年振りに工事再開。」の記事が!
しかも写真入り。

う~~ん、
すごいシンクロニシティ(意味ある偶然の一致)


ビックリするくらいの高層、ピラミッドの様な尖がった形をしていた。
数百億の建設費・・・。

暴力とお金と欲がうごめく世界、誰を信じて、誰が正しいのか・・・。
最後の最後まで、油断できないシナリオ。
見事なエンターテーメント。
ラストが、ちょいと泣けるのがいいんだなぁ~・・・。

日本での舞台は関西。
神戸や心斎橋など、馴染みある土地の風景を容易に想像できるので
より共感するのだと思う。
私が通勤で使用しているJR線も登場していた。
でも「 関西本線 」だって。とっくに「 大和路線 」という名称に変わっているのだが
なぜか根強く「 関西本線 」って言う人達がいるのである。

国境を泳いで越え、主人公のひとりであるヤクザ・桑原が行方不明になった時は
まさか! まさか? 死なんといてや。アカンで。困る・・・・!とうろたえ
本気で物語に入っていってしまった。

読者をここまで引きずり込む歯ごたえのある作品と
出逢った本オタクの喜び。
解って頂けるでしょうか?

ふわふわの恋愛小説なんて、当分読めないねー(あ、もともと読まないけど。)

この作品は「 疫病神 」という小説の続編らしいですよ。
早速、買いに行かねば!

おーたさん、いい本をありがとうございました(ペコリ)

【 本日のオススメ本 】

 国境       黒川博行

 講談社文庫    定価1100円

国境

スポンサーサイト
【2008/05/30 12:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<女子本のススメ | ホーム | 最近みかける薄い本>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midorin1213.blog70.fc2.com/tb.php/177-1d2b41f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。