みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ハードボイルドな世界にどっぷり
「 ヘミングウェイを読んだ事ない男子って、
  ちょっと引くわ。」


と、インドレストランのランチ後の甘ったるいチャイを
ちゅーちゅーストローで吸いながらA子ちゃんは言った。

A子ちゃんは、学生時代の友人でバツイチ再婚済み。

「 う・・・。
  ヘミングウェイって読んだ事ない・・・っス。」

正直にあたしは言った・・・。

そういえばA子ちゃんの1番目も2番目のダンナも知的だもんなぁ。

海外モノの小説は読まないし、自分では買わない。

はて??? ナゼだろう?

以前、ボーイフレンドと本屋さんで待合せした時に、ナントカという
海外モノの小説を買ってもらったけど・・・・
内心迷惑だった記憶がある(こらー)

年の離れたお友達・税理士の、おーたさんに頂いた
『 龍の契り 』 という小説を先週から読み始めた。

おーたさんは逢う度に、ご本を下さいます。
いつもありがとうございます!
そして、これからも下さいね♪

日本の作家さんだから安心していたら、ナント!舞台がほとんど海外。
で、、、、、登場人物も当然、外人さんが多い!

あちゃ~~~。

どうして海外文学を読まないか解った。
登場人物のカタカナ名が覚えられないからだ・・・。


この本も、いきなりキタっ。

チャーリー。アジュール。ダナ・サマートン。
メイミ・タン。ダナ。ラオ。ウォンetc


カタカナに混じって日本の外交官・沢木が登場。ホッ。何だか安心する。
この沢木クンは、ナントッ!雅子様と同期という設定である。

しかし、またカタカナ名がキタ。
1シーンしか登場しない人物の名前も 「 ナンシー・M・陳 」
あー、ワケがわからん。
おじいさんの様に「 はて? この人はだれと知り合いだっけ??? 」と
首をかしげながら、前のページをめくり、いちいち確かめる。
こうゆう動作を何回も繰り返すので、読むのに時間がかかる。

それにこの小説は分厚い。メタボだ。
小学生の頃から(!)愛用してるスヌーピーの定規を取り出し採寸してみた。
厚み2.8cm。
ふむ。名作『 国境 』といい勝負だ。ちなみに「 国境 」は3cm。

途中まで、ふぃ~~、やれやれ。と思いながら読んでいたけど
半分過ぎた頃から、カチッとスイッチが入り、ぐんぐん読み進められた。

 「 この小説、おもしろいっ♪ 」

つまり、半分も経過すると登場人物も安定し、何とかカタカナ名も
覚えられる様になるからだ。

それにスケールがデカイ、この小説。香港返還時が舞台なのだけど
あーーー、そうえいば返還される時は大騒ぎだった・・・ような気がする。
日本、アメリカ、香港etc
歴史のお勉強というか、復習にもなるし、改めて知る事も多い。
みゃくみゃくと受け継がれる、
無意識の民族性(国民性?)を意識する。


手芸箱の毛糸の様に絡まった線が、じわじわと繋がっていく構成力。
こういう事を組み立てる人の脳も、人一倍クネクネうねっているのだろうか??

やはり、あたしは小説が好き。
特に、推理モノ・ハードボイルド。
読書の秋だもの・・・何か小説よみたいなぁと思った人には・・・・
不向きです(キッパリ)

初心者は、少し高度な小説だと思う、多分。
中・上級者向けです。

【 本日のオススメ本 】

  龍の契り    服部真澄

  祥伝社     定価848円

龍

スポンサーサイト
【2008/10/20 12:45】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<今月の本・大賞☆ | ホーム | お金持ちになろう!>>
コメント
龍も鷲も 面白いよ。

【2008/10/24 08:52】 URL | おーた #-[ 編集]
おーーーたさんじゃやないですかッ!?
初コメントありがとうございます!!
キリンの様に、首を長~~くして
お待ちしてました。
今は鷲を読んでますv-221
【2008/10/27 12:58】 URL | みどりん⇒おーたさんへ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midorin1213.blog70.fc2.com/tb.php/206-a08bfba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。