みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
男子だけの本じゃあないよ
通勤の乗り換え駅の本屋さんで
初めてこの本を見かけた時から
気になっていた。かなり。

でも、手にはとれない。
横目で眺めるだけ。直視はできない。
タイトルと装丁が、ちょっと・・・ね。
 
それにビニールで包まれて、中身は見れないんだもの。
なんで、ビニールで包むんだろう・・・。
そんなに、もったいぶってどーする?!

某タレントさんの、お取り寄せの本も何故かビニールで
包まれていて、立ち読みができない様になっている。ちぇッ。

でもねっ、昨日ねっ、西梅田のジュング堂で
ビニールに包まれていない!この本を発見☆

わたしは 「おぉ!」 と心の中で、小さく叫んだ。

ちゃーんと親切に 「 見本 」 というカードを貼り付け
「 2008年いちばん売れた写真集です。」
という手書きのPOPまで付けてくれているではないか。
さすがジュング堂さん! そごうのS書店とは全然違うぞ。
色んな芸能人の写真集が、ワンサカある中でいちばん売れたんだぁ・・・。
わたしのムネは期待で、ぷくんと膨らんだ。

左右に人がいないか、注意深く3回も確認して
そっと、その本を手にとった。
そっと、いかにもさりげなく。

「 えー、ナニこれ? こんな本キョーミないけど
  たまたま手に取って、ペラペラ見たんですぅ。」という演技をしながら。ふぅ・・・。

なんで、こんな苦労してるかと言えば、その本のタイトルは

 「 妄 撮 」

表紙も、色っぽい女子の写真。
タイトルと装丁だけで、女子の私でさえ、色々想像してしまう。
そりゃー、200%男子が見る本だろう、と分かっていたけど
中身を見て驚いた。

この企画、スバラシイわッ。

あ、、、ヤラレタと思った(キッパリ)

うまいなぁ~・・・。
この発想の柔軟性。


私は、カルピス・ウォーター を思い出した。

この商品、発売された時 大ヒットしましたよね。
カルピスの原液は、ずーーっと販売されてきたけど
確かに何故、すぐに飲めるカルピスは今までなかったんだろう?!と
誰もが思ったはず。
(ちなみに限定のカルピスウォータープ・レミアムは、かなり濃厚だ。)

この写真集も、カルピス・ウォーターと同じ原理。
男子の潜在意識を、具体化して 「 ほれ! こんなんいかが? 」と
見せてくれている。

このアイデアを考えたのは、どんな人?
企画書がみたい・・・・。
企画会議って、どんなんだったんだろう?
撮影現場も、盛り上がったんだろうなぁ~~。

嗚呼 「 妄撮 」 で妄想し過ぎだよ、自分。

かたーーい、ビジネス書ばかり読んでる男子には、オススメです。
発想の転換、アイデア、気付きがあるはず。
自分で作る(?)妄撮の付録(おまけ)付き。

そりゃ、いちばん売れたのも大いに納得!

また、ジュング堂に立ち読みしに行こうっと。
(他人の目が気になって、6ページ分しか見れなかった。)
ジュング堂さん、ありがとう。

【 本日のオススメ本 】

  妄撮

  定価1700円

もうさつ
スポンサーサイト
【2009/02/19 12:47】 | 写真集 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<妄想ガール | ホーム | お借りした本>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midorin1213.blog70.fc2.com/tb.php/224-07892263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。