みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
妄想ガール
 会社の同僚A子ちゃんは、S字な女子だ。 

 152cmの彼女は、クリっとした愛らしい大きな目を
 必ず上目遣いにして、164.5cmの私に話しかける。
 とういか、ほとんどの人が彼女より背が高い為、常に上目遣いだ。
 
 そしてここが重要ポイントなんだけど
 彼女は、カラダを反らせる(クネらせる。)

 アゴ上げ + 上目遣い + 反らす = ほ~ら、見事なS字形が出来上がり。
 そりゃ、もう一部のおじさんと一部の男子はメロメロさ。
 
 A子ちゃんは、何故か?私と話す時は、必ずS字になり甘えながら話す。
 わたしはカレシか?
 先週の金曜日、走り高跳びの選手か・・・?といいたくなるぐらい
 回転しそうな勢いで、最高潮に反り返って甘えられた。。。


 そんなS字な女子・A子ちゃんは、新聞も小説も読まない(アカンやろッ)
 私の大好きなハードボイルド系や、松本清張・大センセイは薦めても絶対に読まない。
 石田衣良氏の「 池袋ウエスト・ゲート・パーク 」は
 暴力シーンがイヤ! 秋葉原は大嫌い!と、ほざく・・・。

 あのさー、
 あのなー、
 何度もしつこく言うけど
 映像を一切見せずに 「 文字 」 だけで「 イヤ 」と思えるぐらいの
 暴力シーン(←本当は全然たいした事ない)を、感じるのは何故か?どの表現で?を
 読み取り、モグモグ咀嚼して、自ら感じ取って欲しい。
 自分なりの気付きや、発見は必ずあるから。

 殴られる痛さ、星の瞬く音、風のにおい、妄想させる情景etc
 文字だけでリアルに伝える小説は素晴らしいテキストでもある。
 ちなみにビジネス書より、うーんと学びがある小説は
 大好きな石田衣良氏の 『 アキハバラ@ディープ 』

  ( このブログでも紹介済み。)

 でもそんなA子ちゃん、コドモ時代は
 「 赤毛のアン 」や「 若草物語 」が大好きだったそう。
 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・
 ・・・
 ワタクシ、恥ずかしながら・・・
 これらの名作を読んだ事がない。(←コラー)


 すいません(誰に謝ってるんだ?)
 だって、、、、興味なかったんだもの。女子っぽい物語には一切興味ナシ。
 ちなみに私の愛読書は「 怪盗ルパン・シリーズ 」(ルパン三世では、ありませぬ。)
 「 世界名作集 」など。
  
 この名作を読んだ事がなく、多少の引け目を感じていた私は本屋さんで
 茂木センセイの 
 『 赤毛のアンに学ぶ幸福になる方法 』 を
 
 見つけた時、迷わず買った。

 脳化学者と、メルヘンチックな赤毛のアンが、どう繋がるのん?

 いやー、驚いたッ!

 茂木センセイは小学生の時、原文(!)で赤毛のアンを読み漁り
 大学時代は、赤毛のアン・ファンクラブに所属(!)していたぐらい
 赤毛のアンが大好きだったのだ。い、意外すぎる。

 赤毛のアンが敗戦体験に通じるという視線には、思わず前のめりになる。
 「 想像力のカンブリア大爆発 」 「 アンがお祈りをしないわけ 」等
 目次を読んだだけで、期待感が膨らむ。
 茂木センセイの、この本を読んだら
 全く興味も感心もなかった  プリンス・エドワード島さえ、ちょいと興味を持ってしまった。
 でも、アンって女子は激しい想像力というか、妄想ガールだったんですねぇ。
 
 イチバン、首がちぎれる程、ぶんぶん頷いたのは
 「 読んだ本の高さだけ、人は成長できる。」の項目。  
 ジャングルに行った時「 緑の館 」の小説をを読んでる人と
 読んでない人とは、連想される世界は大きく異なるんですって。
 
 確かに、感じとる豊かさは全く違うんだろうな
 あ、でもわたし 「 緑の館 」 読んでない(汗)
 うーーん、でも当分ジャングルに行く予定はないから、いいか・・・。

 小説は、もちろん絵本でさえも、深読みすればするほど
 味わい深く、作家の企みや、隠されたメッセージが伝わる。 
 オトナになった今だからこそ、
 赤毛のアンを読んでみるのもいいかもしれない。


 珈琲一杯分のお金で、これだけ充実できるって
 文庫本は、素晴らしい。

 A子ちゃんよ、オトナ女子ならば
 小説と新聞は、必ず読もう。

 【 本日のオススメ本 】

  赤毛のアンに学ぶ幸福になる方法

  茂木健一郎

  定価571円

 赤毛のアン
スポンサーサイト
【2009/02/24 08:11】 | エッセー | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<今月の本・大賞 | ホーム | 男子だけの本じゃあないよ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midorin1213.blog70.fc2.com/tb.php/225-29db303b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。