みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
今月の本・大賞!
 暑い、暑いと騒いでいたのに、何だか最近すっかり
 涼しくなりましたね。
 春と夏が大好きなので、ちと寂しい・・・・。
 冬生まれだけど、寒いのは苦手。冬眠してしまいます。
 
 では8月のまとめです。
 今月の購入数 :12冊
 今月の購入金額:11920円


 そして、今月の大賞はコチラ☆★☆

 『 あたし・主婦の頭の中 』


 これは、読んですぐに紹介したかったんだけど
 大賞にもしたかった!
 うーーん・うーーーんと悶え、月末までガマンしたのです。
 だから、みなさんも自分で買って読んでちょうだいッ!(←いきなり命令。エラソー。)
 
 この本は、アメーバブログで大賞をとり、書籍化されたもの。
 もともと、この人の存在を知ったのは、以前ご紹介した
 「 脱・不幸慣れ 」のカメラマン兼鑑定士のEMYさん。
 
 EMYさんが、カータンさんと対談した話を、ご自身のブログに書かれていて
 それで知ったというわけ。
 
 あ、、、、 ふふふ♪

 いまや大人気のEMYさん。
 電話鑑定の申し込みは、数十倍の確率。
 実は! ワタクシみどりんは、7月に対面リーディングに当選し☆
 EMYさんに、ナマ鑑定してもらったのです! フフフ。 
 どーだ、ウラヤマシイでしょ!?
 内容は・・・・・言えません(キッパリ)

 えーと、話を戻そう。
 初めてカータンさんのブログを見た時、椅子から転げ落ちそうになった。

 文章とヘタウマな漫画のコラボレーション!
 グイグイ、パソコン画面に入り込みそうな勢いで
 前のめりで、魅入ってしまったわ。
 
 素人だけど、伝わる!表情が豊かな漫画には脱帽(ペコリ)
 でもね、カータンさんは、元・客室乗務員。
 漫画では、おばさんに描かれていらっしゃるけど
 本人は、かなりキレイだと思うな~。

 日常の出来事、幼少の思い出など、描かれている。
 あたしがダントツ!イチバン気に入ってるのは、
 おばあちゃんとの夏の想い出おならネタ。

 「 分かるよ!うんうん。」と「 あ、あ、あ、ありえねぇーー!?」と
 相反する感情が同時発生し、頭の中をこねくり廻してくれる。
 

 巻末には、文字だけのページが。
 「 なんでー? 絵がないとつまんないじゃん?」」と思ったけど
 必要ない・・・・っス。
 不覚にも、ポロリと泣けてしまった。
 二番目の女の子の早産日記。
 あたしも入院&手術の経験があるので、想いが、イタイ感情が伝わるのです。

 読むと元気が出るので、本棚の中央に、デデ~ンッ と
 鎮座しています。
 時々再読して、フフフと笑っている。
 かなりお気に入の1冊。
 
 【 本日のオススメ本 】

  あたし・主婦の頭の中   カターン

  定価1300円

あたし主婦の中
【2008/08/29 08:00】 | 今月の大賞 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今月の本・大賞☆★☆
7月も、もう終わり。夏本番ですね!
では今月のまとめです。

今月の購入数 :12冊
今月の購入金額:13652円


そして今月の大賞はこちらッ☆★☆
蝶々さんの 『 ポン女革命 』


ワタクシ、本に対してはストーカー並みの愛情を注いでますが
好きな女性作家に対しても、かなり偏愛してます。

幼なじみのA子ちゃんが
「 みどりんってさ、好きな女性作家には
  全身で、スキスキオーラ放出してるよね。」と言われてしまった。

・・・・・・・・・。

ふん、見た事ないくせに。なぜ分かるんだッ。

という訳で、今月行ってきました。
女性作家・蝶々さんのサイン会!ふんがーッ(鼻息荒くってよ。)


サイン会の整理券150枚は、数時間で完売し
追加の50枚も20分で完売!

同性が同性にホレると、すさまじい勢いとパワーがある。
先に行われた東京のサイン会では、300人のうち200人が
ナマ対面の感激&あふれる想いで、泣いちゃったらしい。
宝塚のスターとファンの世界を「 理解できへん! & ありえへん? 」
と思ってたけど、蝶々さんと読者の関係は・・・・どうやらそれ以上らしい。

彼女の本って、現代女子にとって
ビジネス書であり、小説でもあり、
頼りになる姐さんでもあり、レンアイ相談所であり、
パワーストーンでもあり、エステでもあり、
お守りでもあるんだと思う(キッパリ)

ご本も、累計100万部以上売れてるし。

お逢いするのは3回目でしたが、ドシンとした揺るがない人間的パワーと
元・銀座ホステスの生々しいまでの女っぽさが加わり
毎回緊張&ドキドキクラクラし、制御不能なロボット状態になるワタシ。

握手なんてフツ~過ぎてヤダ。

「 あの・・・・ハグして、、、頂けませんか? 」
 と伺ったら
「 もちろん 」 と言って
公衆の前だよ?!と言いたくなるぐらい、シッカリ抱きしめて
エネルギー注入して下さいました。
何だか、秘密の花園・・・な世界。
( おーい、男子のみなさん、ひかないで。戻ってきて~。)
 
後ろの方に並んでいた同僚のミホちゃんに
「 みどりんをキッカケに、握手会が抱きしめ会になったんやで~。」
と言われてしまったけど。ふふ。
結局150人の、ハグ&お話し&握手&サイン手渡しに
5時間30分!!かかったらしいです。

ヤな事があっても、これで当分乗り切れそうな予感。
今回は、かなりマニアな暴走ネタで、ごめんあそばせ。

【 本日のオススメ本 】

 ポン女革命    蝶々

 マガジンハウス  定価1300円


 ぽん

【2008/07/31 08:04】 | 今月の大賞 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今月の本・大賞☆★☆
4月も終わり、もうすぐGWですね。
今年のGWは、あんまり「ゴールデン!」って感じではなく
フツーだと思いませんか?最長4連休。何だか物足りない・・・。

では、今月のまとめにいきましょう。
今月の購入数:14冊
今月の購入金額:15635円


そして今月の大賞はこちらッ。
三浦しをんさんの小説 「 格闘する者に○まる 」


三浦しをんさんの存在を知ったのは偶然。
何気なく手にした下着メーカー・トリンプの小冊子に紹介されていた。

おッ!?

あたしのハートは掴まれましたね。
プロフィールをみて、この人の小説は絶対に読まねばっ
野生のアンテナが、ビリビリッと反応。
トリンプ、教えてくれてありがと。

 プロフィールを要約すると

 「 就職活動で出版社を受験した際に書いた
   作文が、高く評価され
   小説を書く事を薦められ、8年後 直木賞(!!)を受賞。」


何がスゴイって、しをさんの才能も素晴らしいと思うけど
いちばんスゴイのは、この出版社の担当だッ!(キッパリ)
就職試験を受ける大勢の学生の中から、宝の原石を見つけ出し
直木賞作家にまで育てるなんて・・・。
これぞ、まさしくプロ! すごい目利きッ! ぜぇぜぇ。 


この小説の主人公・可南子は、とにかく漫画が大好きな女子大生。
いつもツルんでる友人ふたりも、ダラダラして全員就職活動遅れ気味。
あたしは「 三浦しをん 」という名前が「 お 」ではなく「 を 」という所に
かなりのオタクっぽさを感じていたので、
これ、ご自身が主人公なんじゃない?と、ほくそ笑んでいた。
(後から解ったけど、しをん って本名なんです。)

主人公・可南子が、数社出版社を受験するのだが「K談社」「集A社」と書かれていた。
誰が見ても、講談社と集英社やんか~と、ツッコミを入れる。
「でもでもでも、絶対に受かってね!」と思わずエールを送ってしまうの。
主人公に、スルスル感情移入できるのは、
きっと日常のだらしなさや、いい加減さ、
サボリ具合や、妄想癖が、読者と同レベル&同じ目線だからと思う。


集団面接で、面接官に「大学時代、これだけはやったと思う事は何ですか?」
という質問にある男子学生は「 彼女を大事にする事かな。」と答えた。
それを聞いた主人公は「ウソつけー」と、妄想の中で彼に
メチャメチャな暴行を加えるシーンは妙にリアル。
自分も、かなりの妄想癖・空想好きなので、
特に共感&理解できるのかもしれない。

何回か就職試験の場面が出てくるのだが、後半でようやく、
この本のタイトルとつながる。


「そーか、そーか♪ そーゆーコトなのねッ。」 思わずニヤリ。 

何も知らないと「格闘する者に○マル」だなんて、
ちょっと変わったタイトルですよね。
でもこれが実話だと、かなりスゴイぞ、K談社。

この本を書かれた時、しをさんは24歳(!)
泉から、ボッコンボッコン湧きでる水の様に才能が溢れている。
ワタクシ、今いちばんハマっている女性作家ですッ!!!!

でもまだお若いので、文庫化してる小説が少ないのがやや不安。ブツブツ。
あたしは、ひとりの作家にハマると、ストーカーの様な勢いで読み漁るから・・・・。
馬車ウマの如く、書いて書いて書きまくって欲しいもんだと願っています。
ちなみにお父様は、著名な研究者で千葉大教授だそう。


【 本日のオススメ本 】

  格闘する者に○まる


  三浦しをん


  新潮文庫   定価476円

 しおん


【2008/04/30 07:59】 | 今月の大賞 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今月の本・大賞★☆★
3月も、もうすぐ終わり。
今年は桜の開花が早いですね~。ちょっとせっかちさんですね。
でも今週末は冷え込むらしいので、このまま美しく冷凍保存していて欲しい。 

では今月のまとめ。
今月の購入数:11冊
今月の購入金額15170円


今年になってから、買うのを押さえ気味。エライぞ、あたし。

今月の大賞は・・・・

迷ったけどコレにしよう!

『 おとうさんのぱんつ 』 はまぐちさくらこ

ハッキリいいましょう。
この本は書店には売ってません(キッパリ)


えぇ~、そんな本を大賞に選ぶなんて、みどりんってイジワルって声が
聴こえてきますが、いいんですッ。

だってね

「 彼 女 の 作 品 は 文 学 だ。」

NHKプロフェッショナルにも登場し、絵本界のノーベル賞と
言われるアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を
日本人で初めて受賞した荒井良二さんが言ってたから。

毎週神戸に通っている絵本塾、荒井さん最後の授業が今月初旬にあった。

「 彼女の作品は、絶対に日本では出版されないんだ。
  というか出版できないッ。」

え、なんでなんで?

「 パパパという作品なんだけどさ、主人公の13歳の女の子が
  パンツ1枚の姿なんだ。」

う~ん・・・

ストーリーと登場人物を聴いて、みんな唖然呆然。

そ、そ、そりゃ日本では発売できませんね(キッパリ)
正統派の福音館で出版したら大騒ぎになる。

「でも本にならなくっても、いいんだ。
 彼女の作品は文学であり、天才だから。」

大阪の浜崎健立近代美術館で開催されている
彼女の個展を見に行った。
(県立ではなく、健立。誤字じゃないのです)
http://www.kenhamazaki.jp/

ブっ飛びました・・・

「ムンクの叫び」の様な狂気と、破綻寸前の危うさ(ひゃー?!)
他の追随を許さない独自の誌面構成(ナンダ、コリャ!?)
アメリカの合成着色料いっぱいのアイスクリームを
溶かした様な色彩(おいッ)
かわいいキャラクターも、正しい日本語も存在しない(コラー)
お好み焼きに、ぜんざいブチ込んで、
牛乳をドバドナかけた様なハチャメチャさ・・・。

でも、最後まで読んでしまう。
絶対に止められない・・・。


「みずえ」という100年続く美術雑誌の「第1回・絵本展」の
大賞に選ばれた作品「おとうさんのぱんつ」が置いてあった。
審査員の荒井良二さん、スズキコージさん、飯野和好さんが
「天才だッ!!」と満場一致で大賞になった伝説の作品。

ちなみに「はだかちゃん」という名前の、
全裸の女の子が主人公・・・


これが、今月の大賞。
わたくし、あまりにも刺激を受けて2回も見に行きました。


本人のインタビュー記事も、かなり個性的。
「 ハダカ好きなんです。服をかくのは、まどろっこしい。」
でもアイドルみたいなカワイイ顔した26歳・関西人。

荒井さん曰く「計算高いオトナは彼女の作品を買い漁ってるんだ。
将来、価値が出て高く売れるかも・・・と思ってるみたい。」

ふ~ん、そんなオトナには、なりたくないなぁ。

特に堅気のサラリーマンのあたし達は、
「 枠を外す 」「 常識にとらわれない 」って意識しよう、というけれど
彼女は、そんなもん軽々と飛び越えてる・・・というか
最初から枠なんて存在しない・・・と感じる。

もう「宇宙人レベル」のヒトです。

個展は3月末まで開催してるので、必見!ですぞ。


【 本日のオススメ 】  


 おとうさんのぱんつ    はまぐちさくらこ


 非売品

【2008/03/28 07:58】 | 今月の大賞 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今月の本・大賞★☆★
今年の2月は29日までありましたね。
29日に生まれた人は、毎年どうされているんでしょう??
28日にお祝いしてるのかしら。

では、恒例のまとめにいきましょう。
今月の購入数:12冊
今月の購入金額:15386円

そして、今月の本・大賞はこちらッ。
斎藤孝さんの『 孤独のチカラ 』


この本を、なんでもっと早く読まなかったんだろう・・・と反省。
昨夏、本棚が崩壊するまで常に未読の本が37冊前後あった。(←コラ)
買って満足し、読まずにまた買う・・・。これってブランド大好き・買い物依存症候群と同じだ。
この本も買って、約1年半(!)放置されていた。ごめんよ。

この本は内容に惹かれたのではなく、斎藤孝さんが大好きで自動的に買っただけ。
タイトルの「力」って、漢字ではなく「チカラ」とカタカナ表示が何かいいよなぁ~と
のん気に思いながら、読み始めた。

衝撃・圧倒・前のめり・・・。

クラクラした。


そーだそーだ! ぶんぶん首がちぎれる程、納得&実感。
ガネーシャ以来の衝撃。

(ガネーシャ解らない人は、先月の本大賞をご覧下さいね。)

経験したヒトだけが持つ、独自のリアリティあるメッセージは、
こちらの脳ミソの細かいヒダまで、ぐいぐい染み込んでくる。
解る。解るよー。斎藤センセイ!


斎藤センセイの直球メッセージを書き出してみよう。

「 群れて成功した人はいない。」

「 孤独になることで単独者というものに目覚めた。
  はっきりと、ああ、つるむというやり方では到達できない地点があるんだ
  と実感したのだ。」

「 人としての強さは、単独者になれるかどうかに尽きる。」

「 失恋という喪失感は、単純に一日も早く回復すればいいというものではない。
  むしろ、その時にしか味わえない甘美な悲しみをとことん味わい尽くす。
  そのことが人間を深くする。」 


いかがですか? シビレません?
日本人って、孤独を極端に嫌がりネガティブに捉えるらしい。うんうん。
確かに、みんなと同じじゃないと小・中学校では苛められたりするもの・・・。

斎藤センセイは、ご自身の大学の授業で、友達とつるんでくる生徒を引き離し
席順を完全にシャッフルするそうだ。
「男女合わせて5人」「今度は三人」など、グループ分けのゲームをする。
すると、誰かが抜けないと永遠にグループを完成できない事になる。
自分から抜ける=孤独者になれるか?独りになれるか?が試されるそう。
ナント!このゲームは小学生でも行ってるんですって。
一度体験したいと思いませんか?


ちなみに・・・・

「個人主義」「B型そのもの」「我が道をいく」

あたしが言われる形容詞達・・・。

ケッ!ペッ!チッ!

その度に「ヒツジの様に群れて、進化&成長したヒトは見たことないよー。」と思う。
口に出しては言わないけど。

あたしは、会社の飲み会は一切、行かないっス。あ、仲良しの子とは個人的には行きます。
付き合い悪い人、と思われてるけど
「 時間とお金を有効に使いたいなぁ~。」と思うから。

つまり、誰かに

「 時間とお金を奪われたくない。」と、感じてるんです。
もちろん、共有したい人とは積極的に行くけれど。

常連の店につるんで飲みに行って、どんな生産性&発展性があるのか?との
斎藤センセイのコトバにあたしは「これでいいんだ!」と承認してもらった感じ。
でもね、20代はアホみたいに外食&飲み会に行っていた。
「空白の20代」
何も学べてなかったし、気が付いてなかった。。アホやな自分。
ひとりで行動した時にしか、出逢いやキッカケ、チャンスは訪れない、と
いつからか感じる様になった。

他人ともコミュニケーションをとれ、孤独=自分の時間を充実させる。
これがオトナの上手な活用方法だ。ふむふむ納得。

自分の時間=孤独な時に、自分の知識の泉に降りていき、水を汲み上げる事ができる
そんなオトナが魅力的とおしゃっていて、なぁるほどな。
自分の知の泉って、誰もが持ってるけど油断をするとすぐ干乾びるものなのだ。
いかに、ひたひたと泉を潤しているか・・・。


50代で、クヤシイほどに色気と情緒がある男性を二人ほど知っている。
彼らは間違いなく、孤独を飼い慣らし、そして”小説”をたくさん読んで
きた人なんだろうなと感じる。
あ、ちなみに男子はビジネス書ばかり読む人が多いけど、小説読んでるか読んでないかで
情緒と色気の濃度が全然違うんですッ(みどりん総研調べ)

来月からは、自分の泉を潤そう!を、MYテーマにしませんか?
テレビと、不必要な飲み会は、ちょいとお休みしてさ。

【 本日のオススメ本 】

  孤独のチカラ  斎藤孝

  パルコ出版   1500円


 孤独のチカラ
【2008/02/29 08:06】 | 今月の大賞 | トラックバック(0) | コメント(0) |
←prev next→
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。