みどりんの図書日記
小さい頃からカギっ子&現在は90分の通勤時間で 本がお友達。 毎月20冊ぐらい読んでる本を、ご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
本屋さんで売ってない本
 優しそうに見えるらしいけど、結構イジワルな私です。
 ( なんだよ、突然。)
 
 今日は、久々に
  「 本屋さんで売ってない本 」  
 を紹介してみようと企んでます。フフフ。
 このイジワルな企画は、結構気に入ってる(自分だけ?)

 本屋さんで売ってない = ある場所  
 に行かないと買えないって事。フフフ。

 先週、有休をとってピューーンと、お江戸に行ってきた。
 用件が3件あったけど、日帰り強行軍。ぜぇはぁ。

 世田谷文学館で開催されている
 『 進める荒井良二のいろいろ展 』
 
 に行くのが目的のひとつ。
 この個展の案内リーフレットを見ただけで、惹かれてしまう。

 A4サイズの封筒で・・・・
 ドキドキしながら 
 中を覗くと・・・・
 何も入ってないの。
 
 平日のAM10時過ぎの文学館は、空いていた。

 「 原画 」 というものは、どの人の作品も
 パワーがあるけど、今回は自分の受け止め方が変わったから
 原画のエネルギーが、ぎゅうぎゅうに染み込んできた。
 
 今までは「 すごーい、原画やん♪ 」だったけど
 デッサン&色彩クラスの久本直子先生の授業を受けてから
 絵の観かた、受け留め方、感じかたが圧倒的に変わった。


 荒井さんの筆跡を五感で感じとれる、
 この静かな空間は
 とても贅沢なひととき。 


 印刷物では表現しきれない、ひっかき傷や筆跡の跡、
 絵具の厚みと膨らみetc。
 ゆっくり、受け止める。
 自分の中で、確実に何かに気づく。動き出す。

 ちなみに学校の授業でも、荒井さんは絵の描き方なんて
 教えてくれない。
 コーチングのコーチの様な接し方。
 キッカケを作ってくれる人。
 でも受け取るこちらが、気づかないと得られない。


 文学館では、20年前(!)のHanakoで連載していた
 イラストも展示されていた。
 今と作風が全然違ってビックリしたけど、絵も人も進化していくんだと
 ナマで体感して、愛しく感じた。

 NHK「プロフェッショナル」で特集された荒井さんのDVDが
 流れたいたので、どっぷり45分間魅入ってしまったけど
 映像ですら、観る時期によって受け取るメッセージが変わるんだと気が付いた。

 学校の講師である、T先生やJ先生も荒井さんの個展には
 行ったそうだ。お二人共、一流で有名なイラストレーターなのに
 やはりプロは勉強熱心である。

 で、オススメなのが、この個展の図録!

 フフフ。
 当然この会場でしか買えないっス。
 しかも、図録なのにお安い☆

 ちなみにTシャツは完売でした。ぎゃふんッ。

 【 本日のオススメ本 】

  進める荒井良ニのいろいろ展・図録

  定価1200円
  
【2009/03/16 12:35】 | 本屋さんに売ってない本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「 顔 」 で選んでみた
やはり、中身じゃなくて 顔 だ。
こんなコトいきなり言ったら、ヒンシュクかいそう。

で、で、でも
「 人は見かけが9割 」の本は
すごーーく、売れましたよね(まだ読んでないんですけど・・・)

医学博士の佐藤富雄さんの新刊のタイトルは
ナント

 「 美人じゃないと幸せになれない 」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・

この本をジュング堂で見かけた時は

 「 な、な、なんですってーーーッ!? 」

と前のめりになり
むんずと本を鷲づかみにし、シュパシュパとページをめくった。
美人じゃない人は、幸せになれないって・・・
どーゆーコトなの!? 教えて、佐藤センセイっ。

力を入れすぎて指の跡がつきそうになった。ふぅ。
皆さんも立ち読みは、丁寧に行いましょう。

神戸の絵の学校の授業で 
「 学校のパンフレットの表紙を作る 」
という宿題が出されたので、アイデア&参考になるかなと
ジュング堂に行ったのでした。

好きな作家や好みは関係なく、自分がパッと見て惹かれる&気になる装丁は
どれだろう・・・?
本棚のジャングルを歩き廻った。

で、最初のコトバ
「 中身じゃなくて 顔 だ。」 に繋がる・・・という訳です。

ある作家に惚れ込むと、その人の作品ばかり40~50冊も
買い続ける私を、ストーカーだという人がいる。フン。
確かに「 あ、大好きな作家の新刊がでてるん♪ 」と購買するので
装丁は、あまり意識したコトがない。

装丁だけを意識して本を選ぶって、初めて。
何だか新鮮。


イラストレーター・松尾たいこさんの装丁は、すごく多い。
あ、この色使いは、いとう瞳さんの絵だな。

あ・・・・・ 
これイイ。

私が、装丁買いしたのは文庫本2冊。

唯川恵さんの 「 恋するチカラ 」
砂糖菓子が涙で塗れ、
溶け出した様な淡い水彩画。ベッピンさんだ。


もうひとつは宮部みゆきさんの 「 地下街の雨 」
これは、アクリル画?
フェルトや毛糸の様な質感に、緑色の傘に
童話の世界の様な大粒な雨。
冷たい雨ではなく、恵みの雨を感じる。
妄想癖のあるワタシを、一気に妄想ワールドに導いてくれる装丁だ。

えーと、中身は・・・また読んでません(←アカンやんか)
でも、唯川さんも宮部さんにも
かなり!ハマッた事があるので、基本的に大好き。

他に未読な本が、9冊あるので順番待ちなのだ。
でも装丁を見てるだけで、何だかウレシイし
アイデアが湧いてくる。ぐつぐつ。

いいなぁと思ったり、ちょっと気になる・・・と思った装丁は
ほとんどといっていいくらい、
鈴木成一デザイン室であった。うぅむ。

たまには、装丁だけで本を選んでみる・・・・そんな買い方もいいかもしれない。
新しい作家の発見や、気付くポイントになるキッカケになるから。

【 本日のオススメ本 】

 恋するチカラ  唯川恵    定価552円

 地下街の雨   宮部みゆき  定価514円

恋するチカラ
地下街の雨

【2009/03/10 12:34】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |
K子さん、こんにちは。
神戸の絵の学校で、クラスメートのK子さんと目が合った。
ちなみにK子さんは、美人な主婦だ。
小学生のお子さんがいる様に見えない。センスもある。

視線を絡ませたのは、0.4秒程度。

でも私は、

「 あ、ブログを読まれてしまった・・・・。」 と瞬時に悟った。

こー見えても、カンのいい女子なのである。フ。

先日、授業でDMを作る宿題があり
私は自分のブログを紹介するチラシを作った。
マーケティングのセミナーに、3年間足繁く通った割りにはイマイチな出来栄え・・・。
しょーがないよ、20分で作ったんだもの(←コラー!)

DMの内容には、S先生にツッコミまくられ、アイデア不足も認識し反省。
そんなDMなのに、ブログを観て下さったK子さん、ありがとう(ペコリ)

でもK子さんは静かに言った。

 「 ブログ、みましたよ。
   そんな人だと、思いませんデシタ。。。」


・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・

 「 そんな人 」って・・・ どんな人よーッ?!

もっと、カワイイ人だと思ってた?( おいッ )

もっと、いい人だと思ってた?  ( あれッ )

もっと、カシコイ人だと思ってた?( コラッ )

   そんな人です、わたし。

よしッ、名誉挽回だ。
今日は、カシコイ本を紹介しよう。ふんがー(鼻息も荒くなるさ、そりゃ)

でもカシコイ本って、なんだろう? ビジネス書? 自己啓発?
私は、小説がイチバン好きです。
みなさんは、いかがですか?
妄想癖があるせいか、一気にその世界に入り込んでしまう。

「 小説 」はビジネス書より、参考になり、すごく勉強になる、
といってたのは30代で起業した、マーケティング・コンサルタントのM氏。
うんうん! そうそう! 私も大いに頷く。

いい小説に出逢うと、心のイチバン柔らかい部分がキュンとなり
脳のクネクネの奥まで活性化し、頬が血色よくプクンと膨らむ。
つまり、コーフンしとるんですわ。

舌なめずりする程、圧倒的におもしろいのは
大御所・松本清張センセイ。

1年前まで全く興味がなかった。だって昭和の匂いがプンプンだもの。
2時間サスペンスドラマでは、船越栄一郎がやたらと
崖っぷちで犯人と格闘してるしさ。

でも、何故もっと早く読まなかったんだろう・・・
と、後悔した程ハマった。

『 けものみち 』 は上下巻ある長編だけど、たっぷり、なみなみと
センセイの世界で遊ばせて、泳がせてくれる。

そう、きたか・・・ッと、愕然とするラスト。
あまりの衝撃に犬の様に、疾走したくなる。
エンターティナーです、清張センセイ。
携帯やネットが反乱する、今の時代を清張センセイなら
どう料理されるかが、みたかった。

また例に出して悪いが、会社のお友達 「 S字な女子・A子ちゃん 」は
想像力とオトナ成分が足りない為、
駆け引きが出来ない。


新聞と小説を、読まないからだ。

ネットのニュースを読んでるから、新聞は購読しない、という人がいるけど
うーーん、、、、
お話は出来ても、お友達にはなれない。

最低限、新聞と小説さえ読めば、心理学やマニュアル本読まなくても
五感を活性化したり、想像力を豊かにしたり、
相手の心も思いやるコトが、出来るんじゃないかなぁ~と
思ってます、わたしは。

かの瀬戸内寂聴さんも、おしゃってました。

 「 愛とは、想像力である。」

相手が、いま何を望んでいるのか、どうして欲しいのかを
感じ取るのが、愛であり = 想像力。
恋愛が上手くいかない人は、想像力が足りないんですって(きゃー)

うーん、さすが寂聴さん。
ま、私は想像力より、妄想癖の方が強いんだけど。

追伸:K子さん、こんな女子で ごめんあそばせ。
    残りの授業も、どーぞ宜しくお願いします☆


【 本日のオススメ本 】

 けものみち(上下巻)

 松本清張

 新潮文庫  定価660円

けものみち
【2009/03/03 08:00】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(2) |
今月の本・大賞
 皆さん、イキナリですが
 「 伝説の男子 」を覚えてますか?


 以前、丸福珈琲で3時間滞在した時
 2時間53分(!)話し続けた男子友達・S氏。 
 つまり、私の持ち時間は7分(おいッ) 
 
 いや~、尊敬してるんですけどね、S氏のコトは。
 すごい、勢いでしゃべる。
 頭イイ人って、話が途切れないんだ。
 友人・双子のA子ちゃんとB子ちゃんも、そうだ。
 ふたり揃って、とっても頭がいいんだけど
 それはそれは、もう!よくじゃべる。
 (あ、A子ちゃんは、このブログ読んでるんだった・・・。)

 S氏は、歯科医師 兼 コーチ(コーチング)
 クライアントの前では、聞き役に廻るというS氏の言葉を
 ちょっぴり疑っているのは私だけではないはず。

 大阪出身のS氏が地方に転勤したので、おとつい10ヶ月振りに会った。
 「 人の話を聞く 」のにも、体力とエネルギーが必要。
 
 私は体調を整え、挑んだ。
 そう、S氏の場合「会う」ではなく「挑む」

 あっ でも、その前に。
 今日は月末だから、まとめを発表しなきゃ。

 今月の購入数 :12冊
 今月の購入金額:¥11,933


 結構少ない。
 最近は、以前読んだ本を読み返してるので、買う量が減りました。
 やれば出来るやん、自分。
 以前は、本の神様(?)が憑依すると、30冊ぐらい買って
 本の波に飲み込まれて、フガフガもがいていたもの。

 さて、S氏の話に戻ります。
 待合せの店で再会に乾杯。巨砲チューハイをゴクリ。

 話すS氏・しゃべるS氏。話すS氏・しゃべるS氏。話すS氏・しゃべるS氏。
 頷くワタシ。相槌するワタシ。反論するワタシ。


 ・・・・ 2時間7分 経過 ・・・・。

 わたしは、海岸に打ち上げられた魚の様に
 ピクピクしていた。
 ショックのあまり。

 S氏の私に対する、冷静で的確な視点や、指摘に
 ぐうの音も出ない。ぐぅー。
 
 う・・・、
 こ、こーゆー時は、どうすればいいんだろう。
 ぜえぜぇはぁはぁ。。。

 何だか、頭の中がパニックで、これをどう鎮静化させようか迷った。
 こーゆー時はシンプルな本に限る・・・
 翌日、本棚から取り出したのは
 天才・絵本作家 長新太さんのが描かれた4コママンガ

    「 マンガ童話 」 

 タイトルからして、いい感じ。
 マンガと正統派の童話が、くっついたってどんなん?って思うじゃないですか。
 シンプルな線と、色味のないモノトーンな画面が 
 ざわざわした心を落ち着かせてくれる。

 あの独自な長新太の世界に、少ーしずつ・少ーしずつ
 そっと入り込む。

 こちらが、どんな状態でも、本は受け入れてくれる。
 夜中でも、暑い午後でも、何時間でも、
 文句を言わずに付き合ってくれる。 
 

 長新太さんの描く線は、一本でも
 色んなコトを語っているよなぁ。
 S氏も色んなコトを語ってくれたよなぁ。
 
 ちょっと、気持ちが落ち着いた。
 S氏は友達であり、年下だけど師匠でもある。
  
 何だか、ざわざわした気持ちの時に読む方が
 長新太さんの本は、「 効く 」 コトに気が付いた。
 新しい発見。ふむ。かなりウレシイ。

 では皆さんも、ステキな週末をお過ごし下さいね。

 【 本日のオススメ本 】

  マンガ童話

  長新太

  定価1200円
【2009/02/27 08:07】 | 今月の大賞 | トラックバック(0) | コメント(1) |
妄想ガール
 会社の同僚A子ちゃんは、S字な女子だ。 

 152cmの彼女は、クリっとした愛らしい大きな目を
 必ず上目遣いにして、164.5cmの私に話しかける。
 とういか、ほとんどの人が彼女より背が高い為、常に上目遣いだ。
 
 そしてここが重要ポイントなんだけど
 彼女は、カラダを反らせる(クネらせる。)

 アゴ上げ + 上目遣い + 反らす = ほ~ら、見事なS字形が出来上がり。
 そりゃ、もう一部のおじさんと一部の男子はメロメロさ。
 
 A子ちゃんは、何故か?私と話す時は、必ずS字になり甘えながら話す。
 わたしはカレシか?
 先週の金曜日、走り高跳びの選手か・・・?といいたくなるぐらい
 回転しそうな勢いで、最高潮に反り返って甘えられた。。。


 そんなS字な女子・A子ちゃんは、新聞も小説も読まない(アカンやろッ)
 私の大好きなハードボイルド系や、松本清張・大センセイは薦めても絶対に読まない。
 石田衣良氏の「 池袋ウエスト・ゲート・パーク 」は
 暴力シーンがイヤ! 秋葉原は大嫌い!と、ほざく・・・。

 あのさー、
 あのなー、
 何度もしつこく言うけど
 映像を一切見せずに 「 文字 」 だけで「 イヤ 」と思えるぐらいの
 暴力シーン(←本当は全然たいした事ない)を、感じるのは何故か?どの表現で?を
 読み取り、モグモグ咀嚼して、自ら感じ取って欲しい。
 自分なりの気付きや、発見は必ずあるから。

 殴られる痛さ、星の瞬く音、風のにおい、妄想させる情景etc
 文字だけでリアルに伝える小説は素晴らしいテキストでもある。
 ちなみにビジネス書より、うーんと学びがある小説は
 大好きな石田衣良氏の 『 アキハバラ@ディープ 』

  ( このブログでも紹介済み。)

 でもそんなA子ちゃん、コドモ時代は
 「 赤毛のアン 」や「 若草物語 」が大好きだったそう。
 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・
 ・・・
 ワタクシ、恥ずかしながら・・・
 これらの名作を読んだ事がない。(←コラー)


 すいません(誰に謝ってるんだ?)
 だって、、、、興味なかったんだもの。女子っぽい物語には一切興味ナシ。
 ちなみに私の愛読書は「 怪盗ルパン・シリーズ 」(ルパン三世では、ありませぬ。)
 「 世界名作集 」など。
  
 この名作を読んだ事がなく、多少の引け目を感じていた私は本屋さんで
 茂木センセイの 
 『 赤毛のアンに学ぶ幸福になる方法 』 を
 
 見つけた時、迷わず買った。

 脳化学者と、メルヘンチックな赤毛のアンが、どう繋がるのん?

 いやー、驚いたッ!

 茂木センセイは小学生の時、原文(!)で赤毛のアンを読み漁り
 大学時代は、赤毛のアン・ファンクラブに所属(!)していたぐらい
 赤毛のアンが大好きだったのだ。い、意外すぎる。

 赤毛のアンが敗戦体験に通じるという視線には、思わず前のめりになる。
 「 想像力のカンブリア大爆発 」 「 アンがお祈りをしないわけ 」等
 目次を読んだだけで、期待感が膨らむ。
 茂木センセイの、この本を読んだら
 全く興味も感心もなかった  プリンス・エドワード島さえ、ちょいと興味を持ってしまった。
 でも、アンって女子は激しい想像力というか、妄想ガールだったんですねぇ。
 
 イチバン、首がちぎれる程、ぶんぶん頷いたのは
 「 読んだ本の高さだけ、人は成長できる。」の項目。  
 ジャングルに行った時「 緑の館 」の小説をを読んでる人と
 読んでない人とは、連想される世界は大きく異なるんですって。
 
 確かに、感じとる豊かさは全く違うんだろうな
 あ、でもわたし 「 緑の館 」 読んでない(汗)
 うーーん、でも当分ジャングルに行く予定はないから、いいか・・・。

 小説は、もちろん絵本でさえも、深読みすればするほど
 味わい深く、作家の企みや、隠されたメッセージが伝わる。 
 オトナになった今だからこそ、
 赤毛のアンを読んでみるのもいいかもしれない。


 珈琲一杯分のお金で、これだけ充実できるって
 文庫本は、素晴らしい。

 A子ちゃんよ、オトナ女子ならば
 小説と新聞は、必ず読もう。

 【 本日のオススメ本 】

  赤毛のアンに学ぶ幸福になる方法

  茂木健一郎

  定価571円

 赤毛のアン
【2009/02/24 08:11】 | エッセー | トラックバック(0) | コメント(0) |
←prev next→
プロフィール

みどりん・B

Author:みどりん・B
はじめまして。
本と文房具を愛する関西女子。
90分の通勤は本がお友達。毎月20冊ずつ増える
本に自宅の本棚は、たわんでいます。
直木賞作家にナンパされた経験もアリ。
大好きなオススメ本を紹介していきます。

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。